こんにちは、ISAKOです。

さて2日目の続き、、、寺院の後は、サイアム地区へ。

バンコク随一のショッピング街へ船で移動

寺院とは打って変わって大都会でした。

だいぶ慣れて来て、ついふざけてしまいました。笑
ビルの中に川が作ってあり、水上マーケットの再現。Teeさんの奥様と一緒にスイーツをいただく。

この後は、サイアムニラミット (Siam Niramit) タイ古典舞踊ディナーショー へ。

なんと、、、踊ってる〜
この象さんもショーに出演しました。初めて触ってみたら、、、硬くてザラザラしていました。
さすがにタイ美人ばかりでした。

と言うことで、とても素敵な長〜い1日でした。

それにしても、明るい色と金色の世界に囲まれていたように思います。

冬の日本から行ったためか、この明るさと金色のなんとも言えない雰囲気に私は、呑み込まれました。そして、不思議なエネルギーが湧き出し、一瞬にして若くなったような気がしました。

そして、帰国したら、作りたいものがいっぱいあって、、、元気が出ました。

でも、やっぱりここで思います!とにかく不思議なのです!

なぜならば、タイに来る前に、こんなのも既に作っていたのですから。何の意識もせずに、、、。やっぱり、タイに呼ばれたんだな〜と。いや、私から積極的にタイに 会いに行ったのかもしれません。ともあれ全てが不思議なのです。

ブッダのようにも見えますね。

明日は、JJマーケットへ出かけます。週末しかオープンしていないマーケットです。また、ご覧くださいね。それでは、お楽しみに。

ISAKO


ガラス作家Isako

Isako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。