fbpx
059-252-1548 info@comb-de-shio.com

Mini Cart

「simple & dignity (品性)」のガラスアーティストISAKOです。

11月のオープンアトリエ(23日〜27日)が近づいて来ました!

それで、今日は、お店をちょっとクリスマスらしくしたいな〜との思いで、近くの雑木林にリースにできそうなツルを探しに行ってきました。

そして、こんなのを作ってみました。

とってもシンプルです!葉たちが壁に投影されていい感じです。
私は、あえて、いろいろな色のオーナメントを付けませんでした。
なぜかって、、、お店の中には、コムデシオのガラスたちでいっぱいですから、、、

ガラスたちがこのリースのグリーンと相まって、とってもステキ。
まるでガラスたちがオーナメントのようです。
すなわち、「simple & dignity(品性)」

こちらは、小さな時計と合わせてみました。
お部屋にこんなコーナーがあるのもいいですね。

お店は、私の暮らしの大部分。だから「お店もシンプルにしたい」私です。

ISAKO

お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎次回オープンアトリエ→11/23(木)~11/27(月)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

「simple & dignity (品性)」のガラスアーティストISAKOです。

「私たちの生活、暮らしをシンプルに」をテーマに書いていますが、今回は、お客様が玄関(あるいは、お部屋のコーナーでしょうか?)のお写真を送ってくださいましたので、ご紹介いたします。

実は、今年のJR名古屋高島屋様での展示会の折、ご購入いただいた私のガラスのアート作品です。
こんなにシンプルにレイアウトしていただいていました!

この作品(彼女)に、こんなステキな場をくださったことを感謝しています。
とても嬉しいです。ありがとうございます。

作品だけにスポットを当てていただき、、なんとシンプルで凛とした感じなのでしょう!

この作品が居心地良さそうで、彼女(作品)が、このお家に行けたことを喜んでいるのが私に伝わってきます。

作品もアクササリーと同じなのです。

コムデシオのアクセサリーは、よりその方をステキに表現いたします。決して、アクセサリーだけが出しゃばりません!これが私のコンセプト「simple & dignity (品性)」です。

また、作品も同様で、そのお家やそこにお住いの方々をより引き立てる役目を彼女(作品)は、果たしていると私は思います。そして、決して出しゃばりません。

この作品のテーマは『光』

この作品によって、少しでもお住いの方々に『光』が降り注ぎますように!そして、いつも幸せでいてくださることを願っております。

そして、これがまさに「シンプルに暮らす」ということだな〜と思います。

ISAKO

 

 

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎次回オープンアトリエ→11/23(木)~11/27(月)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

「simple & dignity (品性)」のガラスアーティストのISAKOです。

さて、先週に続いて、、、シンプルに暮らしたい! その2  です。

何も不必要な道具を処分するのだけが「シンプルに暮らしたい」と言う訳ではありません。

私は、自分の身体についても考えてみました。以前のブログで書いていますが、先ず、お砂糖類(ショ糖)をカットし、果物や生野菜をたくさん食べるようになりました。
あれから約5ヶ月が経過しました。
その結果、余分な脂肪を処分することができました!(笑)

さてさて、次は、朝晩行う歯磨きについてです。この時使う歯磨きチューブ、裏側を見ると、訳のわからないカタカナの薬品類が並んでいます。これを見る度いつも買うのを悩んでいました。
そこで、私は、最近、天然塩を使うことにしました。返って、変な甘みもなくスッキリします。爽やかです。

お塩は、私の好きな九谷焼の入れ物に入れて、、、ちょっと楽しんでいます。

1~2ヶ月に1度、歯医者さんに行って、衛生士さんにチェックをしてもらっていますが、別に何も言われませんから、大丈夫だと思います。(笑)

「シンプルに暮らしたい その2」は、、、
身体に不必要な添加物は、できるだけマイナスしたい!と思っている私であります。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎次回オープンアトリエ→11/23(木)~11/27(月)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

ガラスアーティストのISAKOです。
みなさま、お元気ですか?
ずいぶん、ご無沙汰してしまいました。

このところ、私は、だんだんと より「シンプルに暮らしたい」と思うようになりました。
以前から割合シンプルでミニマムに暮らしていたのですが、、、このところ特に強く思うようになりました。

以前このブログにも書きましたが、コムデシオのコンセプトはsimple & dignity シンプルと品性 」ですから、自分自身の生活も常々そうありたいと思っています。

最近、キッチンをよりシンプルにしました。
実は、電気ポットと電気炊飯器を処分しました。
よくよく考えてみると、ご飯はお鍋で炊けばいいし、白湯は、その都度ヤカンで沸かせばいい、、、と。
ちょうど、鉄鍋を持っていたので、これでご飯を炊くようになりました。

とても美味しいご飯が出来上がります。
なんて、、、贅沢なんだろう!と思います。

そして、南部鉄の鉄瓶で白湯を沸かしています。

キッチンの上には何も置かないでいいように、不必要なものは処分しました。
とても気持ち良いです。これもまた、とても贅沢な気持ちがします。

電気ポットと電気炊飯器は、処分しましたが、フードプロセサーを購入しました。これは、とても楽で今のところ、購入してよかったと思っています。そして、以前購入したスロージューサーで毎朝、生ジュースをいただいています。

昨年の今頃から始めたルーティンワークは現在も続けています。内容は、よりシンプルに少々変更しています。
また、このブログでご紹介したいと思います。

みなさまもよりシンプルな暮らし始めませんか?

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
★次回オープンアトリエ→11/23(木・祝)~11/27(月)の5日間
■ art gallery OPPO(東京・阿佐ヶ谷)(日程未定)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。