「simple & dignity (品性)」のガラスアーティストISAKOです。

11月のオープンアトリエ(23日〜27日)が近づいて来ました!

それで、今日は、お店をちょっとクリスマスらしくしたいな〜との思いで、近くの雑木林にリースにできそうなツルを探しに行ってきました。

そして、こんなのを作ってみました。

とってもシンプルです!葉たちが壁に投影されていい感じです。
私は、あえて、いろいろな色のオーナメントを付けませんでした。
なぜかって、、、お店の中には、コムデシオのガラスたちでいっぱいですから、、、

ガラスたちがこのリースのグリーンと相まって、とってもステキ。
まるでガラスたちがオーナメントのようです。
すなわち、「simple & dignity(品性)」

こちらは、小さな時計と合わせてみました。
お部屋にこんなコーナーがあるのもいいですね。

お店は、私の暮らしの大部分。だから「お店もシンプルにしたい」私です。

ISAKO

お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎次回オープンアトリエ→11/23(木)~11/27(月)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。