皆さまは、TEDをご存知でしょうか?

TED(Technology Entertainment Design)は、世界中の著名人によるさまざまな講演会を開催・配信している非営利団体で、マイクロソフトの創業者のビルゲイツ氏や、アップルの生みの親であるスティーブ・ジョブズ氏も登壇したことのある講演会としても有名です。

さて、先日、娘のAzusaがTEDでこんなスピーチを見つけたから、「ISAKOさんには、とても興味があると思うよ!」と言って、教えてくれました。

それは、Elizabeth Gilbert (エリザベス・ギルバート) “創造性をはぐくむには”と言うテーマのスピーチでした。

スピーチは、こちら➡︎https://www.youtube.com/watch?v=86x-u-tz0MA

彼女は、「EAT PRAY LOVE」という小説で有名になりましたし、その小説は、映画にもなりました。

その彼女のスピーチなので、とても興味を持って、聴いてみました。

そうしたら、なんと!私の感じていることと同じではありませんか。

ぜひ、彼女のスピーチを聴いてみてください!スピーチは、18分くらいです。

こちら➡︎https://www.youtube.com/watch?v=86x-u-tz0MA(字幕を日本語にできます)

でないと、以下の私のおしゃべりが分かっていただけないと思います。

お客様や色々な方から「どうしてこんなものが作れるの?」「頭の中に描いてから作るの?」「あなたの頭の中はどうなっているの?」笑 などなど、、、よく聞かれます。

私は、いつもこう答えます。

「独りでに手が動くのです!まるで誰かに動かされているみたい。それにすごく急がされているみたい。私ではなくて、まるで違う人が作っているような感覚になるんです。」と、

もちろん、毎回ではありません。これまでに、数えるほどしかありません。

この感覚で制作したものは、何か賞を頂いたりするのです。自分でも不思議です。

初めてこんな感覚になったのは、

ガラスに触りだして3か月が過ぎた頃でした。まだガラスをカットするのもままならない、そんな時でした。

その最初の作品が認められ、このガラスの仕事をすることになったのです。

この感覚は、そう何度も訪れません。このところ、「ないな〜」と思っていたら、久々に昨年、2018年の11月頃にまた同じような経験をしました。

何かに導かれるように制作し出した「顔シリーズ」です。

その頃のブログは、こちら➡︎ 私が惹きつけられるようにタイへ行った理由とは

私は、とても感覚的な人間です。神を信じているし、スピリチュアル的人間です。

唯物論的考え方が世の中の主流になっているけれど、科学的・論理的に証明できないことは、この世にいっぱいあります。

そして、科学や論理的に証明できないスピリチュアルな世界の中で、私は、作品を制作しています。

ISAKO