普段は、一人暮らしの私。

そして、孫が外国にいるので、あまり自分が「ばあば」の感覚がなかった。

実は、 NYにいる娘ファミリー(パパ、ママ、5歳の男の子、2歳の女の子)が昨年12月から日本に帰って来ていた。

孫と会うと、やっぱり私「ばあば」なんだワと思って、嬉しくなった。

今回は、半年ほど日本にいたので、思い出深い。

2年前、2人目の孫が生まれて4ヶ月目にNYまで会いに行った時の写真、こんなにちいちゃかったのに、、、

 

こんなに大きくなっていた!

 

「孫」は可愛いと皆言うけれど、、、ホント可愛い!

私が娘を産んでいなければ、この子たちに会えなかったし、娘は私から生まれていなければ、この子たちに会えなかった。不思議な喜びだ。

私の母もきっと私と同じように、娘の私を思い、孫のことを思ったのだろう。

 

この写真がすごく好きで、、、その時の情景が浮かんで来て、今も一人でニヤリと楽しんでいる。

 

 

 

 

 

滞在中に彼らは、日本で大きなバンの中古車を買い、中をキャンピングカーのように改造し、旅行に出かけて行った。

なんと自由なことか!

 

 

 

 

昔、「今を生きる」というロビン・ウィリアムズの映画があったけれど、、、(そう言えば、子どもたちと観に言ったなぁ〜)

子どもたちを見ていると、正に「今を生きている」って感じ。生き生きして楽しんでいる!

みんな小さい頃は、そうだったんだ。

それを見ている「ばあば」も幸せを大いに感じて、嬉しくなった。

 

そして、帰って行った。

 

娘ファミリーよ、幸せといい刺激をありがとう!

私も自分が「今を生きている」って感じて生活しなきゃと思った!

つまり、感受性を豊かに生きるということかなと思う。

年齢は、ただの数字だ!!! 「今を生きる」ぞぉ〜〜