こんにちは、ISAKOです。

タイ最終日は、アルタヤへ。Teeさんの車で連れて行ってくれました。とても不便な場所なので、ラッキーでした。

ここでまた、たくさんの「顔」と遭遇します。もう、すごい!の一言でした。

すごい迫力で心に迫ってくるものがありました。まさにエネルギーを感じます。
私には、まるで生きておられるように見えました。優しいお顔です。
お顔が破壊されていてなかった。

思わず手を合わせたくなりました。ここにもよく見ると「顔」がたくさん。

不思議と自分の中に懐かしさを感じ、すごく居心地のいい場所でした。ずーと居られる場所でした。また、行きたい。

さてさて、象にも乗りました!

本物の子象です。お札を鼻にあげると屈んでくれます。笑

まだまだお見せしたい画像はあるのですが、この辺で終わろうと思います。

タイに来るまでのことを振り返ってみると、、、ぎっくり腰になって、もうキャンセルしょうかなと思いました。でも、今までも私にとって大きな何かをしようと決断した時、必ず何か邪魔?が入ります。

つまり、この邪魔を乗り越えてでもやりたいことなのかどうか?を神様が問うていらっしゃるのだと私は思うのです。

20年ほど前のことですが、ガラスに関わりだして3か月、コンペに出品しようとガラスを焼きました。その頃、3か月にしては、すごいのができました。金具をつければ完成という時、シルバーの金具の制作をお願いしていた男性が急に交通事故に遭い入院、作ってもらえなくなりました。

すでにコンペ締め切りが近づいていました。金具がなければ、完成品にならず、もう諦めようと思いました。すごいのができたのに、やっぱり、なんとかしなくちゃ、、、そして、探しに探して職人さんを見つけ、やっと完成。そしてぎりぎり出品。

そこで、やりだして3か月でなんと、、、2作品入選 !

これがなければ、今の私は存在していませんでした。それからというもの、決断して何かをやり出そうとすると、、、何か邪魔が入ります。でも、それを乗り越えると、、、また一つ大きくなれるのです。皆さまもそうだと思います。

私は、これを神様に試されているのだと思っています。

今回もそうでした。タイに来たお陰で、私のすでに創り始めていた「顔」シリーズを私は、今後のライフワークにしようと確信できました。

タイに来て、すごい影響を受けましたが、それが「顔」を作ろうと思った理由ではありません。

タイに来たのは、私が、この「顔」シリーズをこれからのライフワークにすることを確信し、決心するためだったのだと思います。

これからも、無作為に「顔」を作っていこうと思っています。その結果、色々な「顔」ができることでしょう。どんな「顔」ができるのか、自分でも楽しみで、面白くてたまりません。

この「顔」の制作は、20年間、ガラスを焼き続け、色々なガラスを貯めて来たからこそできる作品です。

だから私のこれからのライフワークなのです。

私は、タイに行って、元気になりました。また、制作を続けていきたいと思います。

ここで、言うまでもなく、私がタイに行けたのは、Ponkさん、Teeさんのお陰です。、お2人には、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう!!

尚、これらのすべての写真はPonkさんが撮影してくれました。感謝!

皆さま、長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございました!

ISAKO