ガラスアーティストのISAKOです。

いつもお世話になっている東京のギャラリーOPPO様のオーナーこと、玉野惠美先生(実は、元獣医さん)からクリスマスカードが届きました。

img_2031

img_2032

作品展をさせて頂く時に、たいへんお世話になっています。
しかしながら、私、彼女を密かにお友だちだと思っているんです。
1年に1度くらいしかお会いしないのですが、でもなんだか気が合うんです。
お話ししているとすごく楽しくて、昔から知っている先輩のような感じ。

実は、私、友だちは、少ないのですが、彼女は、その中のお一人です。
歳を重ねていくことに、いつも前向きに生きていきたい、ステキな60代を過ごしたいと思っている私にとって、大切に大切にしていきたいお友だちです。

今年のクリスマスは、こんなことを思いながら、、、過ごしています。

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。