このところ、春の日差しを感じて、どこかへお出かけしたくなる気分で、ウズウズしていますが、コロナウイルスで外出もなかなかしにくくなりつつあることは、とてもとても残念なことです。

でも、やっぱり春がそこまで来ていることは、間違いなく肌で感じられるので、今日は、せめて、春野菜でも買いに出かけようと決めました。
そして、中でも目に留まったのは、芽キャベツ、、、高校時代、母が作ってくれていたお弁当には、春になるとこの芽キャベツがいつも入っていました。卵焼きとの色合いが綺麗で「春だなぁ」となんだかふわぁ~と嬉しくなったものです。

こんなことを思い出しながら、買い物をしていて、心地よい気持ちになりました。
このコロナウイルスで暗くなる気持ちの中、ふと小さいけれど、幸せなことを思い出すと言うのは、いいことかもしれません。
そうです!こんな時だからこそ、普段は気がつかないような小さな小さな幸せを生活の中で見つけましょう!
さて今日は、この幸せ芽キャベツをいただくことにいたします。
ISAKO