時間の経つのは、早いもので、もう貴女と10年一緒に暮らしている。

この子の名前は、コム子さん。

小さい時からコム子さんに、「貴女は、ガラスアクセサリー屋の子なんだよ!」と言ってきた。笑

「ガラスアクセサリー屋の子」になってからあっと言う間の10年、、、。

だけど、10年一緒に居ても貴女が何を考えているのか?私は、分からないわ。

こんな後ろ姿をふと見ると、余計にそう思う。笑

 

愛おしい。

 

 

散歩に行かないし、人にもあまり会わないし、宅配便のお兄さんに吠えるだけの貴女は、幸せなんだろうか?と少し罪の意識を感じてしまう。

 

 

人間で言ったら、多分、私と同じくらいの歳じゃないかな?

自分では自由に生きれない貴女の犬生は、どうなんだろうか?

 

 

コム子さん、これからもこんな私とお付き合いください。そして、楽しく暮らそうね!