fbpx
059-252-1548 info@comb-de-shio.com

Mini Cart

この間の日本橋三越展示会の折、日頃から気になっていた南青山の「和装小物セレクトショップ KOMAMONO 玖」様へAzusaが伺いました。

実は、この玖様、着物専門雑誌等で取り上げられていたり、HPを拝見したり、、、とてもステキな着物や小間物を扱っておられて、私は、密かにずーと魅せられておりました。

それで、Azusaが今回、コムデシオの帯留を見ていただこうと伺ったのですが、うれしいことにすぐに気に入って頂き、お取り引きしていただくことになりました。

オーナーさまもやはりステキな方だったそうで、そんな方に気に入って頂けて、とてもうれしいです。

先方様が昨日、facebookにコムデシオの帯留を掲載してくださっていたので、以下ご紹介いたします。

 

「sako comb de shio(イサコ コムデシオ)の帯留のお取り扱いを始めました。
三重県在住のガラス作家 Isakoさんのアートガラスです。

ガラスに抽象画を描いて焼成したもの。
全てが一点モノです。

小ぶりのスクエアなタイプは、約1.2〜1.4cm四方(個体差あり、多少台形)で、帯留金具が一本足。
写真では一本足の金具の関係で横に倒れた状態での撮影のため、首を右に45度傾けてご覧下さいね。笑

comb de shioさんは個人作家さんにありがちな、既製品の帯留金具パーツでなく、パーツからオリジナルをお作りになられています。
パッケージも然り。

パーツやパッケージをオリジナルで作るには膨大な注文ロットと、それに伴う初期投資のまとまった金額がかかります。またそれだけの数を生産して販売しなければいけないということ。
こういったパーツやパッケージは些細なことですが、しかし商品の醸し出す雰囲気やブランド力が断然違ったものになります。
他の作家さんにもこの点見習っていただけたら嬉しいです。

大変気に入りました!
これは是非実物をお手にとってご覧いただきたい帯留です。」

 

「大き目の帯留。」

「小ぶりの帯留。弊店別注です。 金具の関係で横向きにしか置けず。 首を右に45度傾けてご覧下さい。笑」
玖様を通して、コムデシオのガラスの魅力を多くの方に知って頂けることを願っております。玖様、ありがとうございます!

ISAKO

今日は、日曜日、三越本店さまでの展示会も今日を含めてあと3日となりました。

Azusaの報告に寄ると、オンラインショップでのお客さまも思いのほかご来場してくださっているとのことです。また、facebookで知ったお客さまもいらっしゃるとか、、、。

020

オンラインショップは、東京方面の方が多いのですが、来て下さるとは、ちょっと思っていなかったので、うれしいです。一度、コムデシオの全体の様子をご覧頂けると、次回オンラインでもご購入がスムーズになると思います。オンラインショップもがんばって作品をアップしなくちゃ、、、と思います。

知らない所で、色々な方々にコムデシオをご覧頂いているのだな〜と喜んでいます。

私の当初からの思いは、コムデシオのブランディングです。キレイで魅力的なこの子たちを世界にとの思いは、恥ずかしながら、今も持ち続けております。

三重の片田舎のアトリエで、「あんたたちをもっと広い世界へ出してあげるからね」と深夜、彼女たちを眺めながら呟いていたものでした。笑

そして、着けてくださる人たちの魅力を引き出し、その方の個性を自然な形で表現し、その方を輝かせて欲しい!それが私の願いであり、彼女たちの使命だと思っています。(すごく真面目に思っています)

ちょっと朝から熱くなりましたところで、今日も制作に戻ります。ISAKO

三越さまでの展示会、今日で2日目です。

Azusaの報告によりますと大盛況のようで、とてもうれしいです。

お客さまはもちろんのこと、目利きのある男性バイヤーさんたちにも大好評だそうで、「これは、見たことないね〜モダンでいいね〜」などとお褒めの言葉をいただいているようです。

 

150426-031

私は、松阪生まれ、元商家の娘です。

その昔(明治初期)曾祖父は「かざりや(現在では、彫金でしょうか)」を営んでいたようで、帯留、かんざしや煙草入れ、さいふや袋物の留め金の細工などなどを制作し、販売していたようです。

松阪商人は、江戸に店子を持っていましたし、、、まさに三越さまも元は松阪商人の三井家ですから、、、松阪人が日本橋辺りを闊歩していたんだろうな〜と、想像などしつつ、その日本橋で、曾祖父が作っていた帯留など(私の場合は、ガラスですけれど)のアクセサリーを今、展示させていただいていることに、何かご縁を感じ、不思議な思いがしています。

それに、なんと言っても、地元三重のお客さまへ、、、コムデシオを大切に思って下さるお客さまに私もAzusaもささえられていること、、、感謝でいっぱいです。ほんとうにありがとうございます。これからもどうぞファンでいてくださいね。

ISAKO

 

さて、今日は、水曜日、今日から土曜日までアトリエショップはオープンしています。

皆さま、覗きにいらして下さいね。

ガラスペンダント
ガラスペンダント

 

最近、アトリエショップのオープンは、水・木・金・土の4日間 PM 1:00〜5:00までにしております。お休みの時間は、制作や展示会等に使っています。

今回の「イタリアの洋服フェア」は、無事終了いたしました。ありがとうございました!

恒例の「イタリアの洋服フェア」は、AM10:00からオープンです。この催事は、私は、とても楽しみです。今回は、どんな洋服が来るのか?荷物が届くまで、私も分かりません。

 

また、たくさんの方々にお会いできるし、服もいっぱい見られるし、色々試着もできるし、洋服の見方も刺激を受けるし、アクセサリーもご覧頂けるし、開催時の5日間は、スゴく楽しいです。

それで、私、今回、思ったんです、、、「イタリア洋服フェア」と言う名付けが、、、なんだか、しっくりこないな〜って。

コムデシオでやっているこの催しは、「フェア」と言うのは、適切ではないな〜と。だって「フェア」と言うと大きな催事みたいです。でも、そんな派手派手しさもないし、「隠れ家」のようなアトリエショップで、ゆっくりと静かな時間の流れる中、楽しくやっている催しです。コムデシオのアクセサリーは、皆さまご存知の通り「知る人ぞ、知るアクセサリー」ですが、この催事も同様です。なにしろ、小さな小さなコムデシオがやっていることですから。笑

このように書くと、とてもコムデシオに入りにくいように思われるかも知れませんが、実は、とても気さくで庶民的な感じです。

だからこそ、いい雰囲気でいい感じです。(自画自賛)

DSC06103

 

DSC06104

ゆっくりと「これは、似合うね」とか「いや、こちらの方がすごくいいわ」とか「これは、ダメよ」「このアクセサリーに似合うね」とか、、、僭越ながら私とAzusaもアドバイスさせていただいたり、お客さま同士もアドバイスし合ったり。おしゃれ談義に花が咲いたりしています。女性の特権「おしゃべり文化」を楽しまなくちゃ〜

でもお一人で静かにご覧になっておられる方もいらっしゃるし、、、。それぞれの方が自由で、なんかいい感じ。こんな光景を見ていると、「フェア」と言う言葉が合ってないような気がしてなりません。

5日間のプチブッティク、、、5日間だけ、コムデシオのアトリエショップに出現するプチブッティク、、、そんな感じ、、、

この頃、この催事も充実して来たように思いますので、皆さま、いい言い方があれば、教えて下さいね。

 

ISAKO

 

 

 

今年もあと3日となりました。

お正月の準備でお忙しいことと存じます。

皆さまにとりまして、、、今年はどんな年でしたでしょうか?

今、私は色々な出来事を思い出しながらも、もう思いは、来年に向っております。(笑)

 

皆さまには今年もコムデシオをご贔屓にしていただきまして、本当にありがとうございました。

どうぞ来年も今年同様、よろしくお願い申し上げます。

来年が皆さまにとりまして、、、良い年となりますようにお祈りしております。

 

コムデシオは、本日 12/28 〜 1/7 までお休みさせていただきます。

営業は、1/8(火)からです。皆さまのお越しをお待ちしております。

そして1/18日(金)〜27日(日)パラミタミュージアムでの作品展がございます。

オンラインショップはお休みなしですので、時間がございましたら、覗いてみて下さい。

 

それでは皆さま、よいお年をお迎え下さい。

 

 

ISAKO