fbpx
059-252-1548 info@comb-de-shio.com

Mini Cart

ガラスアーティストのISAKOです。

今回は、私の色々な手法がどのようにして、生まれるのか、、、と言うことについて、少し書いてみたいと思います。

ISAKO

私の仕事を簡単に説明すると、「透明な板ガラスに色を入れて、焼成して制作しています。」と言うことになるのですが、ガラスに色を入れて何かを表現すると言うことはとても難しいです。

私の手法は、私独自のものであり、全くのオリジナルです。実は、私は、ガラスの専門学校やどこかで学んだことはありません。それが良かったのだと思っています。つまり、何も規制がなく、勝手に自由に思いついたことができたのですから。

そんな訳で、何やら「コテコテコテ」とやっていたら、、、色んな面白いことを発見することができ、それら全てが現在の制作につながっています。

思いついたことを実験していると、、、自分の思ったようなものになることもあれば、全く思いもつかないようなものになったり、、、この全く思いもつかないようなものができる、、、これがすごく面白いのです。
そりゃ、もう面白くて面白くて、のめり込みました。昔は徹夜もよくしてました。

例え、眠ったとしても「どんなになっているだろう?」と窯を開けるのが楽しみで興奮して眠れず、そんな日が続いたある日、とうとう、救急車で運ばれました。一瞬記憶がなくなったのです。どうやらアドレナリンの出過ぎだったようですが。笑

実験の繰り返しは、面白く、それはそれは窯を開けるのが楽しみでした。

このようにして、実験を重ねる度、独自の手法が増えていきました。それらを私の心の引き出しにしまい込み、たくさんたくさん溜め込みました。
この仕事をやりだして18年ほどになりますが、この実験は、今でも続いています。

テーマを決めて作る時もあり、心の思うままの時もあり、色々ですが、、、。

例えば「雪」を表現する時、私の今のこの気持ちを表現する時、この幸せを表現する時、、、何かを表現したい時に、、、この私の心の引き出しからいくつもの手法を取り出して、あれとあれを使ってみようとか、、、頭の中で組み合わせてみます。そして、いく通りかの工程を重ねながら、最後の焼成にたどり着きます。

でも、その組み合わせが、うまくできたかは、まだ、最後の焼成後しかわかりませんから、窯を開ける時は、必ず、神様にお祈りします。笑

さてさて、最後の焼成後、アクセサリーの場合、完成までには、またかなりの時間がかかります。
金具を付ける場合、どの位置が一番、女性が綺麗に見えるかなどを自分に当てながら鏡で確認をし、金具の位置を決めていきます。

こうして、皆さんに着けていただくことになります。私の制作したガラスが貴女の胸元やお顔の横に寄り添いながら、貴女をよりキレイにさせていただければ、とっても幸せです。
そして、もっともっと多くの女性に寄り添いたい私のガラスです!

現在、すでに着けていただいている皆さま、ありがとうございます。
もっともっとステキなガラスを作っていきたいと日々思っています。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎横浜タカシマヤ展示会→2/15(水)~2/21(火)
◼︎阪急うめだ本店展示会→3/1(水)~3/7(木)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

ガラスアーティストのISAKOです。

「冬」を存分に楽しんだ?後は、「春」が待ちどおしいですね。

皆さんは、「春」のイメージって、、、どんなのでしょうか?

草野心平氏の『風景』と言う詩に、「いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな」と言うような紙面を「いちめんのなのはな」で埋め尽くされている詩があります。

16002995_1326604797396147_4770218295479346659_n

これは、字面で春を表現していて、読み手の頭の中に「黄色い菜の花 春」を思い描かせますね。

私のガラスにもこの「菜の花 春」のイメージを表現したく、ガラスに私の感じる黄色を入れています。

私は、普段の生活の中から自然と色に関する感性は生まれるのだと思っていますから、私の制作するものもとても自然です。気取っているものはありません。

黄色って、明るくて元気が出て、私は、年々好きになってきた色です。そんな訳で、最近、自宅のドアを黄色に塗り替えました!笑

さて、こんな小さなイヤリングやピアスにも、、、春を感じて欲しい!

ガラスピアス

このピアスをオンラインショップで見る→「日だまりの日」

毎年見ている菜の花、自然と私の中にある菜の花、、、春への思い、、、そんな感覚を表現できれば幸せです。

 

そして、もっとたくさんの花々を表現しているチョーカー用ガラストップ。

ガラスのチョーカー

 

このガラスチョーカーをオンラインショップで見る→「春の思い出」

この作品は、色々な色を入れたガラスを組み合わせて、「春」を表現しています。

お客様と接していて、その方が黄色のガラスを着けられると、、、ぱーと明るくなられ、可愛くなられるのを感じます。

黄色っていいですね〜もっといろんな「春」を表現したい!

 

黄色のアクセサリー一覧はこちら→

 

ISAKO

 

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

ガラスアーティストのISAKOです。

このところ、たいへん寒い日が続いています。

私は、寒いのがとても苦手ですが、雪と氷は大好き。だってとてもキレイで、神秘的ですから。

夜、雪が激しく降っている時、皆さんも夜空を見上げてみてください。もう、なんて言うか、、、こみ上げてくるものがあります!

私にも、悲しく苦しい時期がありました。

その頃、夜空からの雪を見上げてみたら、、、不思議に力強く、凛としたものを感じました。そして、「凛として生きよう!」とその時、強く思ったのを私は、今でも忘れることはありません。そう!今の私は、あの時からスタートしたのかも知れない。

雪博士と言われた中谷 宇吉郎氏は、「雪は天から送られた手紙である」との名言を残されています。
なんて、ロマンティクなんでしょう!

そんな訳で、私の作品の中でも雪と氷を連想させる作品はたくさんあります。

もう、13年ほど前でしょうか、、、「Singing to my Soul」と言うタイトルで『雪のデザイン賞』と言うコンペで入賞したこともあり、その後も『雪』の作品を作り続けています。

ちなみに、この入賞作品は、壁面作品です。今は、アトリエの玄関に掛けています。

その時の審査員のお一人であった、フランソワーズ モレシャン氏に「清々しく、凛とした作品、私の居間に掛けたいわ」との評をいただきました。
私は、どの審査員の方々よりも彼女に選んでいただけたと言うことに大喜びしました。だって、ステキに「おしゃれ心」のある方ですから。

さて、このような壁面作品も小さなアクセサリーも私の中では、同じ想いであり、小さいガラスの中にこそ、何かを表現したいと強く思います。

先日のブログにもあった「銀世界を胸元に」もその一作品です。

ガラスペンダント

このペンダントをオンラインショップで見る→「雪景色深々と」

 

「雪」でも同じ「雪」がないように、もちろん私の作品も同じものは一つとしてありません。全てが1点ものなのです。
また、この他にも色々な「雪」シリーズがあり、全て、私独自の手法で制作しています。私は、これらを表現するたくさんの手法を持っています。

それらの手法がどのようにして、生まれるのかについては、またの機会に書いてみたいと思います。

さて、昨年、ウエディングに着けていただいたこのイヤリングも「雪」シリーズの一つ です。

02

ガラスイヤリング

ウエディングに着けていただいたタイプのイヤリング→「雪の結晶」

ガラスイヤリング

このイヤリングも「雪」のイメージ→「Silver Snow」

これらのイヤリング、すでに持ってくださっている方もあると思いますが、人気のシリーズです。でも、やっぱり一点ものです。

「雪」シリーズでは、他に小雪が舞っているようなもの、雪の結晶のようなもの、雪景色のようなものなど多数です。

 

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

 

ISAKO

 

 

 

ガラスアーティストのISAKOです。

私は、昨日64回目の誕生日を迎えました。

昨日も小雪が散らつき、とても寒い日でしたね。
64年前、やはり小雪が散らつく寒い寒い日に生まれたそうです。そして、その年の12月、肺炎で死にそうになったそうです。でも、なんとか、今年で64回目の誕生日を健康で、迎えることができました。有難いことです。
先ずこの世に私を出してくれた親、そしてご先祖様に感謝し、昨日は、墓参して来ました。そして、そして、いろんないろんな方々に感謝しています。

さて、この64歳と言う年齢を意識するのは、今年は、これでオシマイです!1年に1度だけ、誕生日に感謝を噛みしめ、このあとは、もう年齢のことは、気にしないで行動したいと思います。

脳科学の世界でも、年齢を先に伝えてから、つまり「貴女は、○○歳ですよ」と伝えてから、歩かせると、速さが遅くなるそうです。だから、私は、誕生日だけは、年齢を意識して、そのあとは、う〜ん、30歳くらいかな?と思っています。図々しいと言う声も聞こえてきそうですが、そんなことには、負けません。笑

さあ、貴女も『年齢は、記号!』と思って、ますますキレイで元気でいましょうね。

ステキな60代女性

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

ガラスアーティストのISAKOです。

私の作品について、少々書いてみようと思います。

実際に私の作品(アクセサリーも壁面作品も)をご覧いただいた方には、お分かりだと思います。透明なガラスをキャンバスにして、絵を描いている感覚です。いつも目で見ていること、心に浮かんだこと、頭にある様々なことなどなど、、、を思うがまま、ガラスに色を入れているという感じです。ですので、絵は、アブストラクト(抽象)です。

これは、どんなに小さなピアスにも同じなのです。

ところで、車を運転中は、よく空を見ています。空って、本当にキレイですね。季節はもちろん、毎日毎日、違う空色を見せてくれます。また雲の形、雲の動き、大きさ、色、雲と雲との繋がりなどなど、本当に面白い。

私は、普段、そんな空を自然と心に留めているのでしょう。

さて、ガラスに色を入れる時、私が目で覚えた色を私の心を通して、自然と私の手が、、、そんな空色を表現してくれます。

例えば、車から見たこんな空の色、、、ステキなんです!

IMG_2180

そして、私の心を通して、出来上がったガラスチョーカー用のガラストップとイヤリング。

03-2

01-3

名前を「Dream Dream Dream」と名付けました。

 

オンラインショップで見る→ガラスのチョーカー 「Dream Dream Dream」
イヤリング

 

きっとこのアクセ、貴女の胸元をこの空のように、美しく彩ってくれることでしょう。

ISAKO

 

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

ガラスアーティストのISAKOです。

皆さま、良いお年をお迎えになられたことでしょう。

昨日は、今年初めての英会話クラスでした。
「A happy new year!」と皆さんと挨拶を交わしながらも、なぜかテンションが上がらず、、、。
自分でもなぜだか分からない。別に何も悪条件は、見当たらないのに、、、。そんな訳で、先生にも、あまり話しかけられず、、、。

そこで、ふと耳に手をやったのです!そうしたら、いつもしているピアスをしていない!あらら、、、私としたことが、、、。いつも朝のルーティンワークの中に組み込まれている、、、”ピアスを着ける”ことをこともあろうか、お正月に限って、抜かしてしまうなんて、なんとしたことか、、、。

やっぱり、ピアスは必要!
もちろん、ピアスじゃなくても、ちょっと耳元に、胸元に『色』があるだけで、自分の心も弾むし、元気が出る。それにもっと大切なのは、『相手からどう見えるか』と言うこと。

自分も明るく見せられるし、相手の心も明るくできます。そして、自分が明るいと相手も明るくなりますよね。

知らず知らずのうちに、自分では分からないけれど、自分も元気にし、相手も元気にする、、、そんな役割のピアス(ピアスに限らず)、、、小粒ながら大したヤツだと思います。

そこで、まとめです!
ファションは、自分の心も明るくなり、楽しくなるし、さらに相手の気持ちも明るく、楽しくさせるものですね。
それに大活躍するコムデシオのアクセサリー、色もキレイで個性的、お品もいいし、、、私は、自画自賛ではありますが、是非、貴女にお試ししてほしいなと思います。そうしたら、きっとお分かりになると自負しています。

オンラインショップを見る→ピアス
イヤリング

英会話クラスから帰宅後、すぐに赤いピアスを着けて、元気を出しました。笑

fullsizerender
(写真は赤いプチピアスです)

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。