昨日の休日は、伊勢の河崎の古い町並みを歩き、そして伊勢神宮 豊受大神宮(外宮)へ行って来ました。

数年行かないうちに、外宮周辺は、随分変わっていて、外宮には「せんぐう館」ができていました。

この建物を設計した建築家は栗生明氏とのことで、風景や環境に配慮した建築が多く、

モダニズムを基調とした作風で知られているそうです。他の作品に平等院鳳翔館などがあるそうです。

古きものと新しきものがうまく解け合っていて、すてきだと思いました。

 

 

このせんぐう館から勾玉(まがたま)池を眺めながら、ボーと時間を過ごしました。

 

 

なんと贅沢な時間でしょう。

せんぐう館を見ながら、、、三重県に生まれ、母は、伊勢のひとだったにもかかわらず、何も知らないな〜と

恥ずかしくなりました。それはともあれ、この地に生まれたことへの誇りと感謝が生まれます。

 

いつも神宮を参拝するとそうなのですが、「ありがたい」気持ちになり、すべてに感謝の気持ちが生まれるから

不思議です。日本人でよかったな〜と思うのもこの瞬間です。

県外の皆さまも是非、伊勢神宮へご参拝下さい。きっといい時間が持てると思います。

 

ISAKO