Category Archives: Isakoの制作日記

【ガラス作家ISAKOの制作日記】「幸せアクセサリー」

ガラスアーティストのISAKOです。

おはようございます。
朝から、いきなりですが、、、コムデシオのガラスアクセサリーは、「幸せアクセサリー」だと思います!

前回のブログにも書きましたが、ご愛用いただいている方々に「幸せ」が届きますようにまた、いろいろなご縁でコムデシオに関わってくださっている方々にも「幸せ」が少しでも届きますように、、、と願っています。

大げさかもしれませんが、、、私は、真面目にそう思って、制作しています。
今は、小さな小さな「幸せ」の点(ドット)かもしれないですが、いずれドットが集まれば、線、面になりますから。

こんなことを思っている、今日この頃です。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎次回オープンアトリエ→7/20(木)~7/24(月)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】 オンラインショップのこと。

ガラスアーティストのISAKOです。

現在、コムデシオは、月1度5日間、お店をオープンしています。いわゆる皆さまもご存知の「オープンアトリエ」です。

このほかで、コムデシオガラスをご覧いただけるのは、百貨店での期間限定の展示会、美術館のミュージアムショップ、その他のお店、ギャラリーでの展示会や作品展、そしてオンラインショップです。

中でもオンラインショップだけは、実物をご覧いただけないのが残念です。

どこかで、すでにコムデシオガラスをご覧になられた方やご購入いただいた方だと、オンラインショップでのご購入はとてもいいシステムだと思います。

スタッフがコムデシオガラスの持っているステキさをできるだけ画像で表現しょうと頑張ってはいますが、やはり実物にはかないません。

ですから、実物をご覧にならずに、初めてオンラインショップで買われる方は、不安かもしれませんね。

ところが、オンラインショップで初めてコムデシオガラスをお求めいただいたお客さまの中でも、数日後に再び別の作品をご購入いただくお客さまが結構いらっしゃいます。

これは、私にとって、すごーく嬉しいことです。「よかった!気に入ってくださったんだ!」と思わず叫んでしまいます。笑
物を作っている者にとって一番の「幸せ」です。

先日もこの「幸せ」をまた味わいました。
ちょっとご紹介いたします。

最初は、このガラスのシルバーチョーカーを

そして、2日後、この革チョーカーを買っていただきました。

革チョーカー

買われる時は、「実際はどんなのかしら」と思われたかもしれません。でも、お手元に届いた実物をご覧になって、すぐのご注文でした。

ですので、是非、実物をご覧になっていないお客さまもオンラインショップをご利用ください。
もし、不明な点がございましたら、お電話(059-252-1548)なりメールinfo@comb-de-shio.com)でお問い合わせくださいませ。

きっと、気に入っていただけると自負している私です。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎次回オープンアトリエ→7/20(木)~7/24(月)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】 オープンアトリエの作品が出来てきました。

ガラスアーティストのISAKOです。

来週6/22から恒例のオープンアトリエが始まります。それに向かって、新作を制作しています。やっと最終段階に突入。今日、最後の焼成をやる予定です。思ったように焼成できることを祈りつつ、、、。

でも、ここまでくると、ちょっとホッとしています。

コムデシオのガラスアクセサリーは、すべて1点もの。みんな個性あふれる作品ばかりなのですが、でもオープンアトリエの時にしか作らないものもあり、、、ちよっと面白いものもたくさんできました。

これらは、今までに作らなかったタイプのものばかりです。いかがでしょうか?
お好きな方は、ぜひ、見にいらしてくださいね。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎オープンアトリエ→6/22(木)~6/26(月)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】 「コムデシオガラス」と呼んで、、、

ガラスアーティストのISAKOです。

先日までの京都高島屋様での展示会も終了いたしました。

私は、制作諸々のため、いつも展示会には出向きませんので、AzusaとパーソナルコーディネーターのAmiさんに任せています。

ですので、終了後、その展示会の様子を彼女たちから聞くのを私は、いつも楽しみにしています。

その話の中で、いつも話してくれるのは、、、お客様に「これは、イタリアのガラスなの?」とか「これは、石なの?」「今まで、見たことがないけれど、これガラスなの?綺麗ね〜」とか、、、です。

そこで、私たちは胸を張ってこれは、「コムデシオガラスです!」と言うことにしています。

「コムデシオガラス」は、ご存知の通り、すべて1点ものですので、それぞれが違う良さを持っています。そして、ガラスにネームは入れておりませんが、皆さま、着けていらっしゃると「あぁ、それあそこのよね、、、」と分かるそうです。

そうなんです!分かるのですね〜これって、すごいブランド力だと思われませんか?ネームなど入ってないのに分かるんですから。(自画自賛ですいません)

梅雨のテーマで

ところで、イタリアのムラノガラスは、その地方の名前だそうですが、

「コムデシオガラス」は、三重県津市のアトリエで私たちが作っているガラスです。

そして、自信を持って名古屋、東京、大阪、京都、神戸のデパートにて期間限定販売をしています。

また、オンラインショップは、全国のお客様に向けて、「コムデシオガラス」をご覧いただけるショップです。

そして、地元のアトリエショップでは、昔からのファンのお客様を中心に、また新たなお客様にもアトリエでしかご覧いただけない作品なども含めて、月1回程度にオープンアトリエを行なっています。

この三重から発信しているこの「コムデシオガラス」  近い将来、もっともっと皆さまに認識していただけるように、頑張っていきたいと思っています。

どうぞ、ご愛用してくださっている皆さま、お友だちに聞かれましたら、ぜひ「これは、コムデシオガラスなのよ」と言っていただければ、とっても嬉しいです。

もし、名前が覚えられない場合は、「昆布と塩」と覚えてくだい。  名前の由来は、こちら→「コムデシオ」

実は、デパートでは、外国の方々にもたくさん買っていただいています。
「イタリアのムラノガラス」ならぬこの「コムデシオガラス」をどうぞ皆さまのお力で、もっともっと広めていただければ、将来、世界の「コムデシオガラス」になるのでは、、、と私は、大きな大きな夢を描いています。笑

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎オープンアトリエ→6/22(木)~6/26(月)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】ステージアップを目指して!

ガラスアーティストのISAKOです。

毎日、想像豊かに、色々な想いを込めて、私は、ガラスに色を入れ、焼成し、また色を入れたり、、、最後の仕上げの金具付けなど、アトリエで毎日を忙しく過ごしています。

この写真の男性、、、実は、son in law でありまして、私のアシスタントをしてくれています。

そんな訳で、コムデシオのアトリエは、最近、彼や、オンラインショップを中心に手伝ってくれているMasumiちゃんも加わって、とっても賑やかになりました。


コムちゃんも参加しての会議?も楽しいです。皆んな楽しそうに仕事をしています。

私は、これから、また新しいステージで楽しく仕事をし、コムデシオガラスで皆さまがより輝いてくださるように、よりいいものを作って行きたいと思っています。

そして、もっとコムデシオガラスをブランディングしたいと思っています。

皆さまの着けてくださっているコムデシオガラスに乾杯!!

これからもどうぞよろしく、、、愛してくださいませ。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎髙島屋京都店 展示会→5/31(水)~6/6(火)
◼︎オープンアトリエ→/15(水)~3/21(火)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】ピアスの魅力

ガラスアーティストのISAKOです。

「コムデシオガラス」と言えば、先ず「ピアス」を思い浮かべてくださる方も多いかと思います。

そうなんですね〜小さいけれど、色の美しさと、透明感とが相まって、美しい。
さらに、そのガラスの中に物語があって、とても魅力的。

朝、先ず、貴女を輝かせる。
ピアスを着けた時、顔がパーと明るくなって、貴女をステキにする。
「今日も頑張ろう!」と思わせてくれます。

ガラスピアス

昼、周りの人たちにアピールする。
太陽の光を受けて、ピアスの色そのものが見えたり、透明に見えたり、、。
とてもキレイで健康的な魅力で周りの人たちにも語りかけます。

ガラスピアス

そして、夜、魅惑的に貴女を誘う。
ピアスを外して、テーブルの上に置いてみる、、、すると、電灯の光を浴びて、昼の魅力とは違うなんとも不思議な魅力を醸し出す、、、まるで貴女を誘っているみたい(笑)

ガラスのプチピアス

こんなにちいちゃいけれど魅力的な「コムデシオピアス」は、もう15年以上「コムデシオ」のロングセラー。今もなお変わることなくコムデシオの「看板娘」です。

15年程前、私は、この娘たちに出会いました。この娘たちの魅力に私は、はまりました!
作っている自分を不思議に思いました。
見ていて、もうワクワクして、、、もう何とも言えない気持ちになりました。その時、私は、「この娘たちをもっともっと広い世界に出してやりたい!」と思いました。そして、今、お陰さまで、かなりその願いが叶っています。幸せで、作者冥利につきます。

今回は、夏の色の水色をたくさん制作しています。

そして、このようなパッケージ(案)をただいま考案中です。色々なところで、ご覧いただけるようになると信じています。

仕事が楽しくて仕方がない今日この頃です。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎次回オープンアトリエ:5/10(水)~5/14(日)5日間

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】やればやるほど面白い。

ガラスアーティストのISAKOです。

アトリエを1週間ほどかけて、要らないものを捨て、整理整頓、掃除をしました。

時々、この作業をしなければ、仕事がはかどらない。

頭の中もスッキリして、また物を作りたくなる。

さぁ、制作しよう!

そこで、以前からやってみたかった、こんなガラストップを作ってみました。これは、透明感が多くてジュエリー的なガラストップ。

まだまだ試作段階ですが、早速、これを着けて、お友達と食事に行って来ました。
その結果、そこのスタッフの女性たちに、「それステキですね。キレイ!」と言っていただき、、、。
なかなか反応がよく、大好評、、、よぉ〜し、このやり方でまた色々と作ってみようと。

近いうちに、商品として、ご紹介できると思っています。

このように、日々、新しく、何かを考え、何かを感じて、、、まだまだやりたいことがいっぱいな私です。
やればやるほど、面白い毎日です。

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】私の欲しいアクセサリーを作る!

ガラスアーティストのISAKOです。

私の制作するガラスのアクセサリーは、チョーカー類が主流です。
これには、これまでの【ガラス作家ISAKOの制作日記】に書いてきた通り、『女性を歩くアートギャラリーにしたい!』との思いからですが、ただこれだけでは、ありません!

これによって、皆さまのお顔を明るくし、キレイに、ご自分を表現し、年齢など気にならないほどに活き活きと、そして、更にステキになっていただけると私は自負しています。

それと、もう一つ、とても良いことがあります。それは、着けやすいということです。後ろで留め金を留めなくて良い!これは、私たちの年齢の方々にとって、とても大事なことです。もちろん、お若い方にも便利ですね。

私、自称「めんどくさがり屋のおしゃれさん」なのですが、こんな私がこんなアクセが欲しいと思うアクセサリーを作っているのですね。

そこで、「ガラス+シルバーチョーカー」もいいのですが、、、もっともっとカジュアルに着けたい!と言うことで、「革チョーカー」を制作しています。これも後ろで留めなくて良い革チョーカーを職人さんに制作してもらい、それにガラスをプラスしていますが、ほぼ15、6年前に作り出したにもかかわらず、今もとても人気の超ロングセラーです。

私は、その当時、サンプルで制作した革チョーカーを今も使い続けています。なんか手放せないのです。本当によく着けています。
特に制作途中の汚い?格好で行く近くのスーパーマーケットには、必ずこのチョーカーをしていきます。すると、、、オシャレになります。笑

ガラス+革チョーカー

IMG_2272

展示会をしていると、「15年位前に買ったの」と革チョーカーを着けてきてくださる方々にお会いします。本当に懐かしくて、、、。ここでも娘たちは、お役に立っているな〜と生みの親である私のすごーく嬉しい瞬間です。

そして、現在は、ガラスの大きさも種類も豊富になりましたし、よりいいものが作れるようになり、ますますステキになっています。

こんな感じのものも私はスキです。

IMG_5925 (1)

まだ、お着けになったことのないあなた!ぜひ、体験しにいらしてくださいね。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎阪急うめだ本店展示会→3/1(水)~3/7(火)
◼︎オープンアトリエ→3/15(水)~3/21(火)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「めんどくさがり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】私の使命感は、、、。

ガラスアーティストのISAKOです。

前々回のブログでもご紹介しましたが、ガラスコンペで入選したのをきっかけに、私は、ずーとガラスのアクセサリーを作り続けています。

女性は、オシャレが大好きです。女性は、オシャレが好きでなくちゃいけないように思います。

自分のためは、もちろんのこと、周りの人をも元気に気持ちよくする、、、と言うお役目が女性には、あるのではないかしら。

その一役買うのが、アクセサリーですね。そんなアクセサリー制作に私は、携われて、とても幸せだと思っています。

ISAKO

自画自賛ながら私のガラスを着けていただくと、、、ホント皆さん、素敵にキレイになられます!私は、その方々のステキなその様子を見せていただくのがすごく好きでたまりません。とても幸せな気分になります。

私は、常々人には、それぞれの使命感があると思っているのですが、こんな時、私の使命感は、こう言うことなのだな〜と思うのです。
その時、私は、幸せ者だな〜と感謝します。

この私のアクセサリーを通して、幸せが皆さまにも伝わっていきますように、、、。この願いを込めて、私は、これからも制作に励みます。

01

ガラスのチョーカー

お蔭様で、この18年間、多くの方々に私のガラスアクセサリーを知っていただけるようになりました。
でも、欲張りだけど、、、もっともっと多くの方々にコムデシオのガラスアクセサリーを着けていただきたいと思っています。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎阪急うめだ本店展示会→3/1(水)~3/7(火)
◼︎オープンアトリエ→3/15(水)~3/21(火)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎阪急うめだ本店展示会→3/1(水)~3/7(火)
◼︎オープンアトリエ→3/15(水)~3/21(火)

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】『女性を歩くアートギャラリーにしたい!』

ガラスアーティストのISAKOです。

さて、前回の「私のチョーカー」の続きです。

私は、当初、壁面作品を作っていました。ですが、、、この壁面作品は、ギャラリーなどでしか皆さまに見ていただけません。ってことは、本当に少数の少数の限られた方々にしか見ていただけないことになります。皆さまの目に触れないと言うことは、この世に存在しないのと同じことです。

ガラスの壁面作品

ガラスの壁面作品

この時、私は、自画自賛ながら、「こんなにステキなガラスを世に出さなくちゃ!この三重県の田舎にだけひっそりと閉じ込めておくのは、この子たちがかわいそう!目指すは、世界だ〜」と強く思いました。笑

そして、ふと、このガラスが女性の胸元にあったらステキなのではないかしら、、、女性の胸元がキャンバスだとしたら、、、そこにアートなガラスを飾ればいい、、、着けてくださる方を綺麗にできるし、周りの方々の目にも留まるし、また、それを見た方にも楽しんいただけるのではないかしら、、、と。

そうだ!「女性は、歩くアートギャラリーだ」と思いました。

私にとって、それが正に「ガラス+チョーカー」だったのです。

当初は、こんな私の一方的な勝手な考えから、始まった「ガラス+チョーカー」ですが、実際に女性の胸元に着けていただくと、その方がよりステキになられることがわかりました!

これは、正直なところ、私にも予想外の嬉しい出来事でした。

ガラスの魅力とその方の個性が合間って、その方を魅力的にするのです。

ガラスのチョーカー

ガラスのシルバーチョーカー

着けていただくと、その方のお顔が一瞬にしてパーと輝きます。しかしながら、必要以上にガラス自体は、出しゃばりません。決して、その方の邪魔をしないのです。それよりもその方がすでに持っていらっしゃる個性をうまく引き出す、、、と言うか、、、その方の良い面を引き出すと言うか、その方をより魅力的にします。とにかく年齢に関係なく、皆さまステキになられます。

でも、当初は、「クレオパトラみたい、、、こんなのする人いるの?」などとよく言われましたが(笑)、自分がいいと思い続けているので、ずーと「ガラス+チョーカー」を作り続けています。

それでは、ここで私の「ガラス+チョーカー」のいいと思われる点を下記に書きます。

1. チョーカーのため着けるポイントが上部に来ますから、人の目も上部のガラス周りに集中することになります。すると、背が高く見えますし、全体のバランスがとても良くなります。

2. お品よく、知的で毅然とした感じを表現できます。

3. お顔の細部に目がいかなくなり、私たち中高年にはありがたいことです。笑
首のシワが目立ちそうでイヤと言われる方がおられますが、実際は、ガラスに目が行き、シワになど目がいきません。

4. 後ろに留金がないので、お首にスーと入れるだけでOK、中高年にも便利です。また、面倒くさがり屋のおしゃれさんには、嬉しいです。

5. 何と言ってもこれが一番のポイント。
ガラストップの入れ替えができます。
洋服に合わせて、季節に合わせて、その時の貴女の気持やフィーリングに合わせて等、ガラストップの着せ替ができます。

6. カジュアルなスタイル、スーツやジャケット、また、フォーマルな場面でもOK、あらゆるシーンに着けられます。

7. 年齢を問いません。

現在では、シルバーチョーカーの種類は、太さや形も色々ありますので、その時のステュエーションによって楽しんでいただけます。

私がこの「ガラス+チョーカー」を作り出した当初から、ご自分がいいと思われて、私の「ガラス+チョーカー」をお選びくださった方々、この良さを分かって下さって、本当にありがとうございます。

皆さまに感謝とともに、、、「ガラス+チョーカー」にバンザイ!

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎横浜タカシマヤ展示会→2/15(水)~2/21(火)
◼︎阪急うめだ本店展示会→3/1(水)~3/7(木)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】私は、大いに声を大にして言いたいことがあります!

ガラスアーティストのISAKOです。

最近、下記のような記事をよく目にします。

「海外で起きている、チョーカーブーム!セレブやモデルたちがこぞってつけていましたね。
そして日本でも去年からじわじわと起きていたチョーカー人気が、今年大ブームになりそうです!」

皆さんもご存知だと思いますが、小池都知事がこの頃、よくチョーカーをしていらっしゃるので、この「チョーカー」が話題になっていますね。

この「チョーカー」については、私は、大いに声を大にして言いたいことがあります!

私がガラスアクセサリーを制作し出した18年程前、すでに「ガラス+シルバーチョーカー」を作っていました!18年も前から制作していたのです。

実は、18年程前『グラスクラフトトリエンナーレ』と言うコンペティションにこの「ガラス+シルバーチョーカー」とブローチを出品し、2作品とも入選していました。
シルバーチョーカー&ガラス

私にとって、これがきっかけとなり、益々ガラスの魅力にとりつかれました。
そして、今の私があり、この仕事を一生、大切にしていきたいと思うようになりました。

当時を振り返ってみると、、、完成したガラスを見た時、私の頭にすぐ浮かんだアクセサリーは正に「ガラスとシルバーチョーカーを組み合わせたアクセサリー」でした。
その姿がスーと思い浮かんだのです。

私のこのギリシャアンホワイトと名付けたガラスとシルバーチョーカーは、絶対に合う!と確信しました。

そこで、このガラスに合う「シルバーチョーカー」を色々と探し回りましたが、結局、私のイメージに合うチョーカーは、日本では、見つからず、海外から輸入しました。
現在は、シルバーチョーカーは、職人さんに作ってもらっているオリジナルです。

今でも鮮明に覚えています!私のガラスをシルバーチョーカーにつけた時の感動を!

シルバーと透明感のあるガラスがすごくマッチし、上品で個性的そして知性的、、、あまりのステキさに鳥肌がたちました。

コンペですから、かなり太いシルバーチョーカーと大きなガラスのアクセサリーでした。

その時「これは、絶対コンペでいける!」と強く思いました。これが私のコンペでの初入選でした。

私は、それ以来、「私のガラス+チョーカー」にこわだり制作し続けています。

実際に皆さまに着けていただくのは、コンペ作品よりは、シルバーチョーカーも細くし、ガラスも少し小さくして、制作しています。

シルバーチョーカーとISAKOガラス

当時のものです。このチョーカーもどなたかのところにお嫁に行きました。

シルバーチョーカーとISAKOガラス

シルバーチョーカーとISAKOガラス

恥ずかしながら、当時のこんな写真を見つけました。(若かったな〜笑)

 

そして、「私のガラス+チョーカー」には、魅力的なことがたくさんあります。

もちろんデザイン的にステキなのは言うまでもありませんが、現実的に後ろの金具がないため、着けやすく、とても便利であること、また、人の目線を上方に持っていくためガラスの透明感とカラーがお顔を明るくすること、背が高く見えること、凛とした女性になれる、そして、何と言ってもガラスの魅力などなど、面倒臭がり屋の私でさえもおしゃれにしてくれます。

私は、アクセサリーの制作をするにあたり、ガラスの美しさに留まらず、私自身が面倒臭がり屋のため、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも常に考えて制作しています。

チョーカーの種類は、このシルバーチョーや革チョーカーなど他にも制作しています。

これから数回にわたり、コムデシオのチョーカーについてのこぼれ話を書いてみたいと思います。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎横浜タカシマヤ展示会→2/15(水)~2/21(火)
◼︎阪急うめだ本店展示会→3/1(水)~3/7(木)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】たくさんの引き出し

ガラスアーティストのISAKOです。

今回は、私の色々な手法がどのようにして、生まれるのか、、、と言うことについて、少し書いてみたいと思います。

ISAKO

私の仕事を簡単に説明すると、「透明な板ガラスに色を入れて、焼成して制作しています。」と言うことになるのですが、ガラスに色を入れて何かを表現すると言うことはとても難しいです。

私の手法は、私独自のものであり、全くのオリジナルです。実は、私は、ガラスの専門学校やどこかで学んだことはありません。それが良かったのだと思っています。つまり、何も規制がなく、勝手に自由に思いついたことができたのですから。

そんな訳で、何やら「コテコテコテ」とやっていたら、、、色んな面白いことを発見することができ、それら全てが現在の制作につながっています。

思いついたことを実験していると、、、自分の思ったようなものになることもあれば、全く思いもつかないようなものになったり、、、この全く思いもつかないようなものができる、、、これがすごく面白いのです。
そりゃ、もう面白くて面白くて、のめり込みました。昔は徹夜もよくしてました。

例え、眠ったとしても「どんなになっているだろう?」と窯を開けるのが楽しみで興奮して眠れず、そんな日が続いたある日、とうとう、救急車で運ばれました。一瞬記憶がなくなったのです。どうやらアドレナリンの出過ぎだったようですが。笑

実験の繰り返しは、面白く、それはそれは窯を開けるのが楽しみでした。

このようにして、実験を重ねる度、独自の手法が増えていきました。それらを私の心の引き出しにしまい込み、たくさんたくさん溜め込みました。
この仕事をやりだして18年ほどになりますが、この実験は、今でも続いています。

テーマを決めて作る時もあり、心の思うままの時もあり、色々ですが、、、。

例えば「雪」を表現する時、私の今のこの気持ちを表現する時、この幸せを表現する時、、、何かを表現したい時に、、、この私の心の引き出しからいくつもの手法を取り出して、あれとあれを使ってみようとか、、、頭の中で組み合わせてみます。そして、いく通りかの工程を重ねながら、最後の焼成にたどり着きます。

でも、その組み合わせが、うまくできたかは、まだ、最後の焼成後しかわかりませんから、窯を開ける時は、必ず、神様にお祈りします。笑

さてさて、最後の焼成後、アクセサリーの場合、完成までには、またかなりの時間がかかります。
金具を付ける場合、どの位置が一番、女性が綺麗に見えるかなどを自分に当てながら鏡で確認をし、金具の位置を決めていきます。

こうして、皆さんに着けていただくことになります。私の制作したガラスが貴女の胸元やお顔の横に寄り添いながら、貴女をよりキレイにさせていただければ、とっても幸せです。
そして、もっともっと多くの女性に寄り添いたい私のガラスです!

現在、すでに着けていただいている皆さま、ありがとうございます。
もっともっとステキなガラスを作っていきたいと日々思っています。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎横浜タカシマヤ展示会→2/15(水)~2/21(火)
◼︎阪急うめだ本店展示会→3/1(水)~3/7(木)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】幸せ黄色

ガラスアーティストのISAKOです。

「冬」を存分に楽しんだ?後は、「春」が待ちどおしいですね。

皆さんは、「春」のイメージって、、、どんなのでしょうか?

草野心平氏の『風景』と言う詩に、「いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな」と言うような紙面を「いちめんのなのはな」で埋め尽くされている詩があります。

16002995_1326604797396147_4770218295479346659_n

これは、字面で春を表現していて、読み手の頭の中に「黄色い菜の花 春」を思い描かせますね。

私のガラスにもこの「菜の花 春」のイメージを表現したく、ガラスに私の感じる黄色を入れています。

私は、普段の生活の中から自然と色に関する感性は生まれるのだと思っていますから、私の制作するものもとても自然です。気取っているものはありません。

黄色って、明るくて元気が出て、私は、年々好きになってきた色です。そんな訳で、最近、自宅のドアを黄色に塗り替えました!笑

さて、こんな小さなイヤリングやピアスにも、、、春を感じて欲しい!

ガラスピアス

このピアスをオンラインショップで見る→「日だまりの日」

毎年見ている菜の花、自然と私の中にある菜の花、、、春への思い、、、そんな感覚を表現できれば幸せです。

 

そして、もっとたくさんの花々を表現しているチョーカー用ガラストップ。

ガラスのチョーカー

 

このガラスチョーカーをオンラインショップで見る→「春の思い出」

この作品は、色々な色を入れたガラスを組み合わせて、「春」を表現しています。

お客様と接していて、その方が黄色のガラスを着けられると、、、ぱーと明るくなられ、可愛くなられるのを感じます。

黄色っていいですね〜もっといろんな「春」を表現したい!

 

黄色のアクセサリー一覧はこちら→

 

ISAKO

 

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】雪の魅力

ガラスアーティストのISAKOです。

このところ、たいへん寒い日が続いています。

私は、寒いのがとても苦手ですが、雪と氷は大好き。だってとてもキレイで、神秘的ですから。

夜、雪が激しく降っている時、皆さんも夜空を見上げてみてください。もう、なんて言うか、、、こみ上げてくるものがあります!

私にも、悲しく苦しい時期がありました。

その頃、夜空からの雪を見上げてみたら、、、不思議に力強く、凛としたものを感じました。そして、「凛として生きよう!」とその時、強く思ったのを私は、今でも忘れることはありません。そう!今の私は、あの時からスタートしたのかも知れない。

雪博士と言われた中谷 宇吉郎氏は、「雪は天から送られた手紙である」との名言を残されています。
なんて、ロマンティクなんでしょう!

そんな訳で、私の作品の中でも雪と氷を連想させる作品はたくさんあります。

もう、13年ほど前でしょうか、、、「Singing to my Soul」と言うタイトルで『雪のデザイン賞』と言うコンペで入賞したこともあり、その後も『雪』の作品を作り続けています。

ちなみに、この入賞作品は、壁面作品です。今は、アトリエの玄関に掛けています。

その時の審査員のお一人であった、フランソワーズ モレシャン氏に「清々しく、凛とした作品、私の居間に掛けたいわ」との評をいただきました。
私は、どの審査員の方々よりも彼女に選んでいただけたと言うことに大喜びしました。だって、ステキに「おしゃれ心」のある方ですから。

さて、このような壁面作品も小さなアクセサリーも私の中では、同じ想いであり、小さいガラスの中にこそ、何かを表現したいと強く思います。

先日のブログにもあった「銀世界を胸元に」もその一作品です。

ガラスペンダント

このペンダントをオンラインショップで見る→「雪景色深々と」

 

「雪」でも同じ「雪」がないように、もちろん私の作品も同じものは一つとしてありません。全てが1点ものなのです。
また、この他にも色々な「雪」シリーズがあり、全て、私独自の手法で制作しています。私は、これらを表現するたくさんの手法を持っています。

それらの手法がどのようにして、生まれるのかについては、またの機会に書いてみたいと思います。

さて、昨年、ウエディングに着けていただいたこのイヤリングも「雪」シリーズの一つ です。

02

ガラスイヤリング

ウエディングに着けていただいたタイプのイヤリング→「雪の結晶」

ガラスイヤリング

このイヤリングも「雪」のイメージ→「Silver Snow」

これらのイヤリング、すでに持ってくださっている方もあると思いますが、人気のシリーズです。でも、やっぱり一点ものです。

「雪」シリーズでは、他に小雪が舞っているようなもの、雪の結晶のようなもの、雪景色のようなものなど多数です。

 

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

 

ISAKO

 

 

 

Share Button

【ガラス作家ISAKOの制作日記】いつも空の色は魅力的

ガラスアーティストのISAKOです。

私の作品について、少々書いてみようと思います。

実際に私の作品(アクセサリーも壁面作品も)をご覧いただいた方には、お分かりだと思います。透明なガラスをキャンバスにして、絵を描いている感覚です。いつも目で見ていること、心に浮かんだこと、頭にある様々なことなどなど、、、を思うがまま、ガラスに色を入れているという感じです。ですので、絵は、アブストラクト(抽象)です。

これは、どんなに小さなピアスにも同じなのです。

ところで、車を運転中は、よく空を見ています。空って、本当にキレイですね。季節はもちろん、毎日毎日、違う空色を見せてくれます。また雲の形、雲の動き、大きさ、色、雲と雲との繋がりなどなど、本当に面白い。

私は、普段、そんな空を自然と心に留めているのでしょう。

さて、ガラスに色を入れる時、私が目で覚えた色を私の心を通して、自然と私の手が、、、そんな空色を表現してくれます。

例えば、車から見たこんな空の色、、、ステキなんです!

IMG_2180

そして、私の心を通して、出来上がったガラスチョーカー用のガラストップとイヤリング。

03-2

01-3

名前を「Dream Dream Dream」と名付けました。

 

オンラインショップで見る→ガラスのチョーカー 「Dream Dream Dream」
イヤリング

 

きっとこのアクセ、貴女の胸元をこの空のように、美しく彩ってくれることでしょう。

ISAKO

 

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button