Category Archives: ステキな60代を過ごす為に

【ステキな60代を過ごす為に】スロージューサーを買いました。

ガラスアーティストのISAKOです。

最近、「フィット・フォー・ライフ」グスコー出版 を読みました。詳しくは、リンクからご覧ください。

 

この本の影響もあり、私は、1ヶ月ほど前にこのシャープのスロージューサーを買いました。

 

毎朝、例の白湯を飲み、そして、このスロージューサーでリンゴと人参ジュースを作っていただいています。

とても新鮮で美味しくて幸せな気分になります。

何と言っても、健康が一番。でないと、いい作品が作れませんから、健康管理には、気を使っています。私は、全てがコムデシオのためなんです。笑

私の朝のお仕事、、、スクワット、白湯、フレッシュジュースを飲み、英会話、そして掃除洗濯などを終え、9時には、元気一杯でアトリエへ、、、今日もまたステキなものを作ろうと思います。

ISAKO

 

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎次回オープンアトリエ→7/20(木)~7/24(月)

 

 

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】「母」であることを意識する日

ガラスアーティストのISAKOです。

明日は、「母の日」ですね。
実は私、恥ずかしながら、普段は、自分が母の自覚があまりなく過ごしておりまして、、、お客様が「母の日」のプレゼントを買いに来られると、そこで初めて「母」を意識することが多いのですが(笑)

ところが、理由は、さておき、今年は、とてもとても「母の日」を意識した嬉しい年になりました。毎年、プレゼントはもらっているもののなおさら、今年は、嬉しい「母の日」です。

今年は、こんなお花と黄色いスリッパを娘夫婦からもらいました。

私は、【ステキな60代を過ごす為に】のテーマにぴったりの嬉しい「母の日」となりました。
皆さまも毎年、それぞれいろんな「母の日」を楽しまれておられることと思います。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎髙島屋京都店 展示会→5/31(水)~6/6(火

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】幸せ満開

ガラスアーティストのISAKOです。

今年は、時間の余裕も心の余裕もあって、お友達と2度もお花見に行ってきました。
先週の日曜日(4/9)は、宮川へ。そして昨日(4/14)は、レッドヒル ヒーサーの森へ。

まさに幸せも満開です!
さぁ〜またいい作品を作りたいと思います。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎ジェイアール名古屋タカシマヤ展示会→4/26(水)~5/2(火)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】いらないものは捨てる!

ガラスアーティストのISAKOです。

だいぶ暖かくなって来ました。嬉しいです。
暖かくなってくると、冬眠から覚めたように、あっちこっちと動きたくなって来ます。行動が軽やかになって来ました。

と言うことで、先日からアトリエショップの片付け、ディスプレイの変更など色々としているのですが、私の家も片付け始めました。

私たちの年齢では、「終活」などと言われていますね。「終活に向けて、片付けているのだから、これ以上物は増やさないの。だからもう何も買わないの」とか、、、。でも、私はなんだかさみしくて、、、「終活」と言う言葉が嫌いです。

私の場合は、この「終活」とは全く違います!
よりステキな生活を目指して、片付けをしてしています。
使わないものは、捨てて、心躍るもの、ステキなものを買うために片付けています。
そうすると、明日へのエネルギーが湧いて来ます。

いつまでもステキな私でありたいし、幾つになっても、少しでも向上したい!!!と思っています。笑


元気が出るように黄色に塗り替えたドア。ちなみに車も黄色に変えました。笑

ちょっと前までは、私もなかなか物が捨てられませんでした。
「また使うかも?」と思って、何十年、、、。それを入れて置くケースをまた買ったり、、、何をしているか分かりませんよね。
時間ももったいないし、置く場所の確保の方がもったいない。
そうは、わかっちゃいるけど、、、やめられない。


これらを捨てます。まだまだありそう、、、。

数年前から娘のAzusaに散々言われ、、、やっと納得、これからの未来を活き活き生きるために、片付け&捨てることを嫌がらない、、、私に変身しています。

皆さんは、いかがでしょうか?
ご一緒にステキな年齢、重ねませんか?

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎ジェイアール名古屋タカシマヤ展示会→4/26(水)~5/2(火)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】”Don’t stop Believin”

ガラスアーティストのISAKOです。

今日は、アメリカのジャーニーと言うロックバンドのヴォーカリスト アーネルピネダをご紹介したいと思います。

ジャーニーのヴォーカリスト スティーヴ・オー ジェリーが脱退後、ヴォーカリスト不在で低迷中だったジャーニーが、新たに迎えたヴォーカリストがこのアーネルピネダです。

彼は、フィリッピン人です。ホームレスから「ジャーニー」ヴォーカルとなったアーネル・ピネダが花開いたのは、40歳からです。彼は、こう言っています。”Don’t stop Believin”(”自分を信じれば奇跡は起こる!”)

その歌をお聴きください。

ところで、最近、コムデシオにも若い人たちが集まって来てくれます。なので、私も彼らとお話しする機会が多くなりました。
私は、とても嬉しいし喜んでいます。私自身、刺激をもらえますと同時に、彼らにとっても、いい先輩でありたいとだんだん思うようになりました。

私がコムデシオを始めたのは、46歳の時でした。やはり私も”Don’t stop Believin”(”自分を信じれば奇跡は起こる!”)と思っていました。もちろん、現在も”Don’t stop Believin”だと思い続けています。

そして、最近、私は、若い人たちにも、このようなことを伝えていけるよき先輩でありたいと強く思っているのです。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎ジェイアール名古屋タカシマヤ展示会→4/26(水)~5/2(火)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】笑顔でいたい私です。

ガラスアーティストのISAKOです。

皆さん、笑顔って、ステキですよね。
この頃、私、つくづくこの笑顔が人生において、すごく大切なことだと思うのです。
でも、毎日、笑顔でいることは、とても難しいことです。だからこそ、残りの人生、なるべく笑顔でいたいな〜なんて思っています。

昨日、FM三重のラジオパーソナリティーの多田えりかさんがコムデシオのお店に取材に来てくださいました。昨日のブログでご紹介しています。
いつお会いしても彼女の笑顔は、ステキです。

多田エリカ
その度に、私も笑顔、笑顔と思うのですが、なかなか、うまく笑顔ができない私です。練習しなくちゃ、、、。笑


ちょうどミモザのお花をいただきました。黄色って、、、笑顔みたいに明るくて、最近すごく好きな色です。

私、以前、実験してみたんです。
ある病院に行った時、看護師さんに笑顔で話しかけた時とそうでない時の違いは、どうかな?と思って。結果は、明らかでした!
そうなんです!こちらから笑顔でお話しすると相手の方も必ず笑顔になります。すごいでしょ?

笑顔は幸せを呼んでくれます。だって、笑顔で怒れませんものね。

なので、こちらから笑顔でいるということを心がけたいと思っています。
笑顔って、顔の筋肉を使いますから、もしかして、顔ヨガしているみたいなのかもしれません。だったら、一石二鳥ですね。笑

例え、嫌なことがあっても、すぐ笑顔に切り替えましょう!努力しましょう!、、、と自分に言い聞かせている今日この頃です。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】楽しいことしかしない。

ガラスアーティストのISAKOです。

さてさて、以前のブログにも書きましたが、私は、昨年の5月からインターネット英会話でフィリピンの方たちに毎朝、レッスンを受けています。
今のところ、ほぼ毎日、休まずに続けています。と、言うのも楽しいんですね〜。
私は、本来、飽き性なので、こんなに続くなんて自分でも「すごいやん」と思います。

その理由は、簡単明瞭、、、楽しいからなんですね。まあ、その過程は、色々とありますが、基本的に好きで楽しい。

毎朝、仕事前の8時頃に、20代、30代、そして50代の先生たちと私の拙い英語で会話しています。
最近は、50代の先生とよく話しています。やはり、歳が近いので、色々と話が弾みます。

例えば、、、彼女は、4人の息子さんがいます。4人とも男の子ばかりなんて、、、すごいな〜たくましいお母さんだなと感心します。4人も息子がいたらどんな感じなのかな〜と、、、。

みんな学生さんだそうですが、ミュージシャンだそうで、彼女は、彼らのコンサートによく出向くそうです。週末は、コンサートを聴きに小旅行するとか、、、表情豊かにすごく嬉しそうにジェスチャーを交えて話してくれます。日本人より感情表現は、豊かな感じで、とても正直ですね。

まあ、こんな風に、英会話を習っていると言うよりもお友達感覚で楽しんでいます。

フィリピンのミュージックを聴くとは思っていませんでしたが、面白いご縁です。
彼らのバンド名は、「Electric Sala」ちょっとご紹介しますね。

と、言うことで、私は、最近は、楽しいことしかしないことにしています。
そう言えば、私のガラスの仕事も楽しいので、ずーと続いています。笑

皆さまも60歳からは、楽しいことしかしないことにしましょう!
と、言うものの、楽しくないこともしなきゃいけないと言うあなた、、、そこは、気の持ち方。
楽しくなるように自分を楽しい方向に持っていく。自分を自分でコントロールする必要はあるかもしれませんね。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/

◼︎オープンアトリエ→3/15(水)~3/21(火)

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】大衆演劇にときめいた、、、。

ガラスアーティストのISAKOです。

先日、ちょっとしたご縁で、伊勢志摩ロイヤルホテルへ日帰り観劇プラン(観劇+ランチバイキング+入浴)に行ってきました。

正直なところ、行くまでは、大衆演劇「松丸家 小弁太劇団」と言うことだったので、、、私にはどうも、、、と思って出かけたのですが、、、ところが、、、

スピード感のある海外ドラマをいつも見ている私には、時間がゆっくり流れていると言うか、、、何だか懐かしい気がして、久しぶりにのんびりしました。(ランチバイキングもなかなか美味しくて、、、伊勢志摩ロイヤルホテル、皆さまにもお薦めです。)

大衆演劇

特に、私、座長の小弁太さんの女形の妖艶さに参ってしましました。笑
と、言うことで、この嬉しそうな私。

大衆演劇

一緒に写真を撮ってもらって、、、大喜び、、、しばらくしびれました。

そう言えば、亡くなった母が「岩壁の母」が大好きで、よく披露してくれたのですが、その時は、笑いを堪えずにはいられなくて、、、私には、無縁だと思っていました。
今、思うと、その時、ちゃんと見てあげればよかったな〜と思い出し、ちょっと反省もしましたけど、何はともあれ、色々なものにすぐに感動するお年頃の私です。
また、機会があれば、行きたいな〜小弁太さんのファンになりました!笑

歌舞伎の強い影響を受けていると言われているこの大衆演劇を皆様も是非どうぞ。

ISAKO

【お知らせ】
◼︎comb de shioの商品一覧:→http://comb-de-shio.com/shop/
◼︎横浜タカシマヤ展示会→2/15(水)~2/21(火)
◼︎阪急うめだ本店展示会→3/1(水)~3/7(木)

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】誕生日は、年齢を意識する唯一の日

ガラスアーティストのISAKOです。

私は、昨日64回目の誕生日を迎えました。

昨日も小雪が散らつき、とても寒い日でしたね。
64年前、やはり小雪が散らつく寒い寒い日に生まれたそうです。そして、その年の12月、肺炎で死にそうになったそうです。でも、なんとか、今年で64回目の誕生日を健康で、迎えることができました。有難いことです。
先ずこの世に私を出してくれた親、そしてご先祖様に感謝し、昨日は、墓参して来ました。そして、そして、いろんないろんな方々に感謝しています。

さて、この64歳と言う年齢を意識するのは、今年は、これでオシマイです!1年に1度だけ、誕生日に感謝を噛みしめ、このあとは、もう年齢のことは、気にしないで行動したいと思います。

脳科学の世界でも、年齢を先に伝えてから、つまり「貴女は、○○歳ですよ」と伝えてから、歩かせると、速さが遅くなるそうです。だから、私は、誕生日だけは、年齢を意識して、そのあとは、う〜ん、30歳くらいかな?と思っています。図々しいと言う声も聞こえてきそうですが、そんなことには、負けません。笑

さあ、貴女も『年齢は、記号!』と思って、ますますキレイで元気でいましょうね。

ステキな60代女性

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】やっぱりピアスはいるわ!

ガラスアーティストのISAKOです。

皆さま、良いお年をお迎えになられたことでしょう。

昨日は、今年初めての英会話クラスでした。
「A happy new year!」と皆さんと挨拶を交わしながらも、なぜかテンションが上がらず、、、。
自分でもなぜだか分からない。別に何も悪条件は、見当たらないのに、、、。そんな訳で、先生にも、あまり話しかけられず、、、。

そこで、ふと耳に手をやったのです!そうしたら、いつもしているピアスをしていない!あらら、、、私としたことが、、、。いつも朝のルーティンワークの中に組み込まれている、、、”ピアスを着ける”ことをこともあろうか、お正月に限って、抜かしてしまうなんて、なんとしたことか、、、。

やっぱり、ピアスは必要!
もちろん、ピアスじゃなくても、ちょっと耳元に、胸元に『色』があるだけで、自分の心も弾むし、元気が出る。それにもっと大切なのは、『相手からどう見えるか』と言うこと。

自分も明るく見せられるし、相手の心も明るくできます。そして、自分が明るいと相手も明るくなりますよね。

知らず知らずのうちに、自分では分からないけれど、自分も元気にし、相手も元気にする、、、そんな役割のピアス(ピアスに限らず)、、、小粒ながら大したヤツだと思います。

そこで、まとめです!
ファションは、自分の心も明るくなり、楽しくなるし、さらに相手の気持ちも明るく、楽しくさせるものですね。
それに大活躍するコムデシオのアクセサリー、色もキレイで個性的、お品もいいし、、、私は、自画自賛ではありますが、是非、貴女にお試ししてほしいなと思います。そうしたら、きっとお分かりになると自負しています。

オンラインショップを見る→ピアス
イヤリング

英会話クラスから帰宅後、すぐに赤いピアスを着けて、元気を出しました。笑

fullsizerender
(写真は赤いプチピアスです)

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】考えを変えたこと

ガラスアーティストのISAKOです。

さてさて、今年も終わります。

img_2159

毎年思うことながら、1年って、、、速い!ですね。まるで半年くらいの感じです。
最近まで、この速さで行くと、すぐ○歳だな〜、、、なんて思っていたのですが、私、考え方を変えました!

自分の感じる1年の長さを実際の1年と思うようにしました。
つまり「あっという間で、半年位しか経っていないように感じた1年」は、「半年分しか歳を取らなかった!」と思うことにしたんです。
今のところ私は、2年が1年くらいに感じる事が多いので、そう考えると、2倍徳しているみたいですよね。(笑)

そして、もうひとつ、考えを変えたことがあります!
真面目(?)な私は、毎年、「今年は、何をしたかな〜」と数年前までは、自分に問いかけていました。
結構、自分に厳しかったのです。(笑)

しかしながら、60歳を過ぎてからは、「今年は、何をしたかな〜」との自分への問いではなく、「健康でいられたことに感謝」「楽しく仕事ができたことに感謝」そして「それを支えてくださった方々に感謝」「娘たちに感謝」、、、などなどたくさん。

今、目の前にあることのみへの感謝だけではなく、今、この自分があることへのずーとずーと以前からへの感謝、つまり生まれてから、、、今までに対して、色々な方々への感謝、、、そんなことを考えています。つまり、よく言われているように、自分一人で生きていないと言うことですね。

60歳を過ぎると(実際は、実年齢を気にしていません)、色々と感じることも多くなり、、、日々、歳を重ねることの楽しさを学びます。
皆さまは、いかがでしょうか?

最近始めた、この私のブログ【ステキな60代を過ごす為に】も読んでいただけて、とても嬉しいです。

と、いうことで、皆さま、今年もたいへんお世話になりました。ありがとうございました。
来年もコムデシオをどうぞよろしくお願いいたします。

ISAKO

img_2158

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラスアーティスト。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】お友だちからのX’masカード

ガラスアーティストのISAKOです。

いつもお世話になっている東京のギャラリーOPPO様のオーナーこと、玉野惠美先生(実は、元獣医さん)からクリスマスカードが届きました。

img_2031

img_2032

作品展をさせて頂く時に、たいへんお世話になっています。
しかしながら、私、彼女を密かにお友だちだと思っているんです。
1年に1度くらいしかお会いしないのですが、でもなんだか気が合うんです。
お話ししているとすごく楽しくて、昔から知っている先輩のような感じ。

実は、私、友だちは、少ないのですが、彼女は、その中のお一人です。
歳を重ねていくことに、いつも前向きに生きていきたい、ステキな60代を過ごしたいと思っている私にとって、大切に大切にしていきたいお友だちです。

今年のクリスマスは、こんなことを思いながら、、、過ごしています。

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】やっぱりジーンズが好き

ガラスアーティストのISAKOです。

皆さん、ジーンズはお好きですか?
私は、ずーとブーツカットのジーンズが好きで履いていたのですが、60歳になった頃から、どうも窮屈で、パタリと履くのをやめてしまいました。
カジュアル志向の私にとっては、すごい痛手。ジーンズが好きなのに〜〜〜

で、なかなか私に似合うパンツが見つからないし、、、そんな悩みを持ちつつ、、、3年。

でも、最近、やっと「ボーイフレンド デニム」なるものを知りました。若い方は、「ボーイフレンド デニム」ご存知でしょうね。

「ボーイフレンド デニム」とは、まるで彼氏や男友達から借りているようなゆるめのシルエットのデニムパンツのこと、、、だそうです。

ゆるめのジーンズのこと。でもストレートジーンズとは、ちょっと違います。

ボーイズデニムはストレートのものよりも、お尻から太ももの辺りがゆるめのデザインです。

なので、ストレートジーンズの大きいサイズを履いているのとは違うように思います。

「ボーイフレンド デニム」には、たくさんの種類があるようですが、腰ウエストのものや破れているのは、私は、ダメですね〜ごくごく普通なのが好き。

何はともあれ、私は、この「ボーイフレンド デニム」が助けの神、、、履き心地とかっこよさにはまっています。
ロールアップして履いてヒールと合わせたり、ショートブーツに合わせたり、、、いろいろと楽しめます。

img_2037

そして、私の好きな革チョーカーがよく合います。これがポイント!

オンライショップで見る→革チョーカー

 

img_2038

とても活動的ですよね?革チョーカーがいいアクセントになっています。

このスタイルが私の現在の仕事スタイル。皆さんは、いかがですか?

一度、試しくみてくださいね。

ISAKO

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】ISAKOの料理教室!

ガラスアーティストのISAKOです。

この間、お友達から簡単で経済的な鶏肉料理を教えてもらいました。いいと思うと、すぐやるのが私のいいところ。(自画自賛)

但し、私は、難しい料理ややたらと材料が特殊で高価なものは、まず試したことがありません。簡単で美味しくてさらに見た目がイイ(これが大切) この3拍子揃った料理が最高ですね。

それで、この鶏肉料理はもう何回か作りました。実際に作ってみて、とても美味しいし、ヘルシーだし、超簡単なので皆さんにご紹介いたします。

これからのシーズン、クリスマスのオードブルやおせち料理としてもいいのではないかしら、、、。

それでは〜恥ずかしながら、、、ISAKO料理教室の始まり〜〜〜(笑)

材料

鶏肉 むね肉(安価です)

砂糖 塩 あれば、ハーブ

シール付きビニール袋 以上

後は、下記の画像をご覧ください。

 

img_1985

鶏のむね肉です。

img_1986

脂や筋を取ります。

img_1987

砂糖を揉み込みます。(分量は、適宜)

数分そのままにします。

img_1988

次に塩を揉み込みます。(分量は、適宜)

img_1989

それから、2時間程、冷蔵庫で寝かせます。

私は、夜、料理するので、次の朝まで寝かします。

img_1990

冷蔵庫から出して、シール付き袋に入れます。この時、ハーブがあれば一緒に入れます。

私は、いろいろなハーブを適当に入れています。(ローズマリーとベイリーフとパセリがあったので入れました。)

袋の中の空気を抜きます。(うまく空気を抜くには、ストローを使うのもいいかもしれません。)

img_1992

お鍋に水を入れ、その中に袋を入れます。

img_1994

蓋をして、沸騰させます。沸騰したら、ガス(電気)を切ります。

そして、2時間ほどそのままにします。

img_1997-1

出来上がりです。

img_2003

薄く切って盛り付けました。(薄切りにするのがポイントです)

そのままでも十分に美味しいですが、からし醤油や他のドレシングをかけても美味しいです。

また、これを使って、サラダなどなど、料理の素材としてもとてもいいと思います。

後は、この鶏肉に一味プラスして、ステキにするもしないも、、、あ・な・た 次第。

 

さて、このレシピ、すでに、ご存知の方も多いかもしれませんね。でも、私、このチキンをキチンと作って、お友達へのクリスマスプレゼントにしょうと密かに思っているんです。銀紙で包んで赤いリボンをかけたりしちゃって、、、ああ、、、もう心が躍ってきました〜。

実は、私の冷凍庫の中は、すでに鶏の胸肉でいっぱいなんです!(笑)ああ、たのし!

 

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】今年最後のオープンアトリエが楽しみ!

ガラスアーティストのISAKOです。

2016年最後のオープンアトリエのお知らせみなさん、ご覧になられましたか?

私は、こんな物を作って、楽しんで、オープンアトリエの準備をいたしました!
じゃ〜ん、、、くじ箱です。子供の頃の工作みたい、、、

img_1999

img_2001

ハズレくじなしなんですよ。それに何回も引ける〜〜〜

img_2002

img_2006

img_2005

img_2008

「ハワイ旅行」とか豪華賞品が当たるわけではないけれど、子供の頃の気持ちになって、、、コムデシオなりの景品を作りました。
お店の中で、皆さんの笑い声が聞こえますように、、、心を込めて、、、お待ちしております。
皆さん、お楽しみにしてくだされば、嬉しいです。

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】「三重の作家たち展2016」に出展します。

ガラスアーティストのISAKOです。

今日は、「三重の作家たち展2016」のお知らせです。

 

01

 

実は、出品のお誘いがありましたので、私も出品させていただくことになりました。

 

02

明日の日曜日(11/27)は、搬入です。作品を抱えて、行ってきま〜す。

三重の方、たくさんの作家さんの作品を見にいらしてくださいね。

お待ちしております。

ISAKO

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

 

 

 

 

 

 

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】楽しみは、自分で見つけなくちゃ、、、

ガラスアーティストのISAKOです。

先日のRiekoさんのブログにも書かれていましたがクリスマスって、、、なんだかウキウキしますよね。

ウキウキしない方は、心が老化してるかも?笑

私の思い出のクリスマスは、1970年代、やはり神戸にいた学生時代、独身時代、それと子供が小さかった頃かな〜?

ちょうど日本の景気が上昇しつつある頃でしたから、それはそれは、華やかで楽しかった。

私には、キリスト教はあまり馴染みがなかったけれど、クリスマスだけは、(本当は、サイレントなんでしょうけど)それはもうお祭りでした。

51598456_477x636

そんな思い出を今でもクリスマスソングを聞くと思い出します。ある時は、ラブソングに聞こえたり、またある時は、失恋ソングに聞こえたり、、、皆さんはいかがでしょうか?

でも、思い出しているだけでは、いけませんよね。やはり、今が大事です!今を楽しまなくちゃ!と思います。

「クリスマスなんて、、、キリスト教徒でもあるまいし、、、」なんておっしゃる方もいるけれど、歳を重ねてくると、1つでも心ウキウキな楽しいイベントが多い方がいいと思いませんか?

自分を楽しませることを自分で作ったり見つけたりしなくちゃ、、、老化する、、、と自分に言い聞かせている今日この頃。皆さんの心ウキウキはなんでしょうか?

 

img_1964

先日作ったプラントです。楽しみは、自分で見つけなくちゃ、、、とガーデニング初心者です。笑

 

あ。そうそう、そんな訳で、コムデシオの次回「オープンアトリエ」は、くじ引きプレゼントをたくさん作りました。それに福袋も。

作るの大変だったけれど、本当に楽しかったですよ。もう、準備完了です!

詳しくは、こちらをご覧くださいね。

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

ISAKO

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】テレビなしで過ごそう!

ガラスアーティストのISAKOです。

寒くなってきたから、お風呂に入って、暖まろう、、、そんな季節になりました。
実は、私は、入浴するまでに時間がかかりました。グズグズしていたのです。
決して、入浴自体が嫌いなわけではありません。

もちろん、入浴してしまえば、気持ちよく、リラックスできるのに、『分かちゃいるけどやめられない♩♩♩』でした。
その原因は、テレビにあり! テレビを付けっぱなしにしていたからなのです。
本来、私は、テレビっ子。見出すとキリなく見ているタイプです。

なので、テレビを消して、入浴するまでに時間がかかったのです。

 

そこで、決心して、、、もう3年ほど前からテレビを見るのをやめました。見ないと見ないで気にならないんですよね。実は、現在、仕舞い込んであります。

テレビを見なくなったら、時間がたくさんできました。

料理を楽しんだり、ちょっと読書したり、愛犬コムちゃんと遊んだり、入浴も楽しんで入ることができるようになりました。

 

img_1851

お風呂を出ると、コムちゃんが必ず、来てくれます。まるで、私が無事にお風呂から上がったかどうかを確かめるごとく(嬉 笑)

 

 

また、マスメディアの嘘もよくわかるようになりました。

すべてのことを自分の頭で考えるようになり、少し賢くなったような気がします。笑

25年以上、3時間以上、テレビを見ていた人は、見ていない人の知能の半分になってしまうとか、、、。怖いですね〜

 

さてさて、皆さん、、、テレビ中心の生活にどっぷり浸かっていませんか?

【ステキな60代を過ごす為に】是非、自分の時間を取り戻しませんか。

 

ISAKO

 

 

 

 

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】私のルーティンワーク

ガラスアーティストのISAKOです。

皆さん、「ルーティンワーク」って、ご存知ですか?
あのイチロー選手がやっていることで、ご存知の方も多いと思います。

「ルーティンワーク」とは、決まった手順で繰り返し行われる定常作業、あるいは日常の仕事のこと。
あらかじめ決められた段取りや流れにそってこなせば、誰にでもできてしまう仕事、のことだそうです。

つまり、何も考えなくてもできる仕事、、、皆さんと同様、私も、朝、やることがたくさんあります。(もっとも私の場合は、自分自身のことばかりですが)
そこで、私の朝やりたいことをこの「ルーティンワーク」にしています。
ちょっと、ご紹介しますね。

まず、
1.  6時に起床

2.  白湯を作るために、お鍋に水を入れて、火にかける。
「白湯」は、アーユルベーダ実行のため、詳しくは、今までのブログをご参照ください。

3.  歯を磨く。歯を磨きながら、スクワットを20回する。

4.  この後、舌の苔?を取る。(これもアーユルベーダによる)

5.  そろそろ、水が沸騰しているので、さらに15分タイマーをかけて、沸騰させる。

6.  洗顔。(石鹸を泡立てて、顔に塗り、しばらくそのまま)

7.  コムちゃんにご飯をあげる。

8.  白湯が出来上がるので、コップ一杯飲みます。

9.  洗顔。(石鹸を洗い落とす)基礎化粧品で顔を整える。

10.      パジャマから服に着替える。

11.      コムデシオのガラスピアスと革チョーカーを着ける。
(これがポイント! すごーく大事です!笑 これにより、顔がパーと明るくなり、1日 が                      元気に始まりす。特に冬は、赤系のピアスやチョーカーがお勧め!元気が出ます。)

 

1108

img_6700

オンラインショップで見るてくださいね→ピアス・革チョーカー

12.  7時30分〜8時までオンライン英会話を始めます。

13.  8時〜9時まで洗濯その他の仕事をやります。

14.  9時にアトリエへ。コムデシオの仕事を始めます。

といった具合です。まだ完全ではありません。でも、考えずにできるように毎朝トライしています。これは、初めから全部していたのではなく、徐々にやることを増やしました。あと「ラジオ体操」と「歩くこと」を増やしたいのですが、これがまだなかなかできないのですが。

でも、このように毎朝の「ルーティンワーク」にしていくと、体が自然に覚えてくれて、動いてくれます。

この積み重ねが【ステキな60代を過ごす為に】なるかなと思って、続けたいと思っています。

皆さんは、どんな「ルーティンワーク」をなさっていますか?

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button

【ステキな60代を過ごす為に】薪ストーブで感じる小さな幸せ

ガラスアーティストのISAKOです。

今日、この秋初めて薪ストーブに火を入れました。
だんだん、寒くなってきましたね。

img_1939

私は、冬が苦手なんですが、この薪ストーブのお陰で、冬のアトリエでの仕事も楽しく過ごせるようになりました。

早速、お芋をストーブの中に入れました!薪ストーブで作る焼き芋は、格別。
美味しそうな匂いがしてきました〜。
お芋は、美容にもいいですし、、、。これから、コムデシオのおやつは、焼き芋です。笑

コムデシオのコム係長もお芋の匂いを嗅ぎつけてその辺りをウロウロしてる、、、。

img_1942

 

薪ストーブは、火がつくまでに時間がかかります。

気持ちにも時間にも余裕がなかった頃は、イライラしたのですが、そんなこと気にならなくなりました。むしろ、コム係長(アトリエでは、係長です)と何やら話しながら、火つけをしています。

ささやかな事ですが、、、
少し気持ちにも、時間にも余裕が出来た、今、
60代になったからこそ、感じられる幸せかな~と思っています。

今日も、暖かいストーブと、小さな幸せに感謝して、、、制作に戻ります!

 

ISAKO

ガラス作家IsakoIsako.Toda
ガラス工芸作家。comb de shio主宰。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオ「comb de shio」を設立。独自の手法で彩色・焼成を繰り返し作り上げるモダンで新しい感覚のガラス作品は、壁面を飾るアート作品から、アクセサリーへと広がり、現在は様々なデパートやギャラリーを通して、感性豊かな女性達に支持されている。(※詳しいプロフィール→
本人曰く「面倒臭がり屋のおしゃれさん」。ガラスの美しさに留まらず、簡単に、楽に着けられるアクセサリーへの配慮やアイデアも、Isakoの作り出すアクセサリーの人気の理由のひとつ。
現在は、三重県津市のアトリエで、日々制作中。作品のこと、制作の事、おしゃれのことを気ままに綴ります。

Share Button