私たちについて

私が常に目指していること、それは 「色」「品性」・・・

杜多一菜子/ISAKO TODA(ガラスアーティスト)

三重県松阪市生まれ、comb de shio(コムデシオ)主宰。
神戸女子大学卒業。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオコムデシオを設立。
主な受賞・展覧会は、
2001年 『glass craft triennale入選』
2002・2004年『装飾アート展,大阪・東京』
2002年『雪のデザイン賞入賞』 2004年 『glass craft triennale入選』
2004年 『雪のデザイン賞入選』
2007年 『glass craft triennale絵画作品入選』
2007年『雪のデザイン賞入賞』 『パブリックコレクション・中谷宇吉郎雪の科学館,石川県加賀市』など。
その他、個展、グループ展な多数。 現在は、娘の梓と三重県津市のアトリエにて制作している。

『ご挨拶』 作品を通しておしゃれやライフデザインのクオリティを高めること。それらはすべてシンプルな原点にもどること、そして毎日の生活を楽しみ、幸せのドットを増やしていくこと。 そんな思いから、自らの手で作り始めたアートなガラス。「simple & dignity - シンプル & 品性」をコンセプトに、透明なガラスから独自の手法で彩色、焼成し、ひとつひとつ心を込めて作り上げています。

初期から取り組んでいたアートパネルの作品は、いつしか「私の胸元に一枚の絵を飾りたい」という思いを生み出し 「毎日身に着けて持ち歩けるアート作品」としてガラスのアクセサリーへと導いてくれました。そして生まれた独自ブランドが「comb de shio / コムデシオ」です。

世界に一つしか作り出すことのできない1点ものガラスの作品は、まるで自分の娘のようです。制作中に光にきらめく作品を見つめていると、今でもなんとも言えないワクワクした気持ちになります。この気持ちを忘れずに、これからも「生活の中で生きるアート作品」を作り続けます。 皆様の毎日の生活の中で少しでも、幸せのドットを増やすお手伝いが出来れば、とても幸せです。

杜多梓/Azusa Toda(デザイナー)

三重県生まれ、Isakoの長女。 名古屋造形大学美術学部卒業。
2008年から2012年までオランダ滞在。 オランダの企業にて広告デザイン・日本マーケット担当者などを経験後、comb de shioでの活動を始める。
アーティストとして写真作品も発表。主な展覧会は
2008年『Group Exhibition / galerie pack of patches,ドイツ』
2009年『Art fair “CUTLOG contemporary art fair” パリ』
2015年『Affordable art fair,ニューヨーク』など。

ガラスをキャンバスに描く独自手法

ISAKO のアートガラス作品は、独自の手法で、透明なガラスをキャンバス代わりに色彩を描き、焼成。全て手作業で ISAKO 本人が仕上げています。

高く評価されるアートガラス作品

ISAKO 作品の原点、ガラスのアートパネル。絵画のようなガラス作品。アート性の高い作品は、東京、大阪を始め、多くの展覧会で高い評価を得、多くの賞も受賞しています。

アートを胸に飾るジュエリー

私のアート作品を胸に飾りたい… そんな思いから生まれた ISAKO のアートガラスジュエリー。「持ち歩くアート」であるジュエリーは、世界で一つしかない1点もの。

生活の中で楽しむアートインテリア

生活の中で楽しむアート作品「インテリア・ガラスアートパネル」個人のお宅はもちろん、レストラン、モデルハウス、病院などのインテリアとしても好評です。

ISAKO / comb de shio の歴史

  • 1999年 Glass Studio comb de shio(グラススタジオコムデシオ)を立ち上げる
  • 2001年 「glass craft triennale 2001」アクセサリー部門 2作品入選 - 伊丹市、名古屋市、小樽市、イギリスにて巡回展
  • 2001年 第1回 装飾アート展開催 (株)アトリエ ユニオン 大阪ショールーム
  • 2001年 ギフトショー出展後、Isako作品の全国展開開始
  • 2002年 「雪のデザイン賞」入賞
  • 2002年 第2回 装飾アート展開催 (株)アトリエ ユニオン 東京ショールーム
  • 2003年 三重県松阪市にショールームオープン(~2005)
  • 2004年 第3回 装飾アート展開催 (株)アトリエ ユニオン 大阪ショールーム
  • 2004年 第4回 装飾アート展開催 (株)アトリエ ユニオン 東京ショールーム
  • 2004年 「glass craft triennale 2004」アクセサリー部門 入選
  • 2005年 六本木ヒルズ森タワー3Fにアンテナショップ出店(~2006)
  • 2006年 近鉄百貨店、四日市店にショップ「Isako comb de shio」出店(~2009)
  • 2007年 「glass craft triennale 2007」絵画作品で入選
  • 2007年 「雪のデザイン賞」入賞
  • 2008年 上記入賞作品 中谷宇吉郎雪の科学館の収蔵品となる
  • 2008年 パラミタミュージアム(財団法人 岡田文化財団)にて個展
  • 2008年 六甲ヒルトップギャラリーにて作品展開催
  • 2009年 パラミタミュージアム(財団法人 岡田文化財団)にて個展
  • 2010年 「glass craft triennale 2010」オブジェ作品で入選
  • 2010年 パラミタミュージアム(財団法人 岡田文化財団)にて個展
  • 2010年 東京・Art Gallery OPPOにて個展
  • 2009年 「comb de shio オンラインショップ」をオープン
  • 2010年 アトリエに併設した「comb de shio アトリエショップ」オープン

comb de shio 名前の由来

コムデシオ「comb de shio」の名前の意味は?由来は?イタリア語?フランス語?

実は日本のとっても伝統的なもの「昆布」と「塩」から生まれた言葉なのです。comb de shioシリーズ作品実は、ISAKO がはじめて創ったアクセサリーが・・・透明のガラスの中にまるで「塩昆布」が入っているかのように見えるものでした。 「しおこんぶ」⇨「こんぶ」と「しお」そこで、この アクセサリーから名前をとりました。「comb de shio」⇨「こんぶ と しお」あるいは 「こんぶしょ?」⇨「こむでしお」・・となった訳です。